宮交ショップアンドレストラン 日向夏ジュレ

日向夏ジュレ-外装写真
日向夏ジュレ-外装写真日向夏ジュレ-開封した写真日向夏ジュレ-中身の写真

日向夏ジュレとは

日向夏は宮崎県が原産地の果物で、柚子が突然変異したものといわれています。

皮の内側の白い部分(内果皮)にも苦みがなく、食べられるのが特徴です。

「日向夏ジュレ」は、そんな日向夏の果汁を30%使用し、細く切った果皮を中に閉じ込めて一緒に味わえるように作られていますよ。

1個当たりのカロリーは88kcal。無香料・無着色で、健康志向の方にも喜ばれそうなお土産です。

日向夏ジュレを食べてみた感想

見た目

外箱にかけられた紙とジュレの蓋には、果実がたわわに実る日向夏の枝が描かれています。
白くてかわいらしい花も咲いており、とても爽やかな色合いですね。

箱を一周して結ばれた紐は、黄色からオレンジへの美しいグラデーション。

手にした瞬間キュンとするパッケージなので、大切な贈り物としてもぴったりですよ。

日向夏ジュレは柑橘類のスイーツですが、一般的なレモンやグレープフルーツなどを使用したスイーツと比べると、酸っぱさが抑えられたまろやかな味わいです。

香りもよく、日向夏のみずみずしさや爽やかさが活きていますよ。

ジュレに閉じ込められた細切りの果皮も、ぜひ一緒に味わってみてください。

歯ごたえがアクセントになっており、内果皮も食べられる日向夏の魅力を実感できますよ。

日向夏ジュレの値段と通販情報について

値段

  • 4個入り:1,080円(税込)

通信販売

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名宮交ショップアンドレストラン 日向夏ジュレ
内容量4個入り
販売者宮交ショップアンドレストラン株式会社MY
販売者住所宮崎県宮崎市中村東2-8-12
原材料日向夏みかん果汁砂糖、日向夏みかん果皮、日向夏みかん繊維、ゲル化剤(増粘多糖類)pH調整剤
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限約5か月(購入日:6月21日、賞味期限:11月16日)
保存方法直射日光を避け、常温で保存して下さい。
箱の大きさ横 14.7cm × 奥行き 14.8cm × 高さ 6.3cm
名産地宮崎県
販売場所宮崎空港JR宮崎駅
おみやげの種類ゼリースイーツ
価格帯1,000円以内2,000円以内

通販サイトでお土産を探す

※ それぞれの通販サイトのページに移動しますが、必ずしも販売されているわけではありません。