氷菓 プリントクッキー

氷菓プリントクッキーの外箱写真
氷菓プリントクッキーの外箱写真氷菓プリントクッキーの中身の写真氷菓プリントクッキーを開封した写真

氷菓 プリントクッキーについて

氷菓 プリントクッキーは、岐阜県のお土産菓子。
製造者は、岐阜県下呂市の株式会社長登屋です。

氷菓(ひょうか)は、米澤穂信氏の原作「古典部シリーズ」を2012年にアニメ化した青春学園ミステリー。
2017年には実写映画化されています。

氷菓は、岐阜県・飛騨高山をモデルにした作品です。
舞台の神山高校は、県立斐太高校。

高山市内の商店街や古い街並み、朝市、日枝神社、なども登場しています。

主人公は、省エネを信条とする高校一年生。
たまたま入部した古典部の文集『氷菓』に秘められた真実に挑む…というのがあらずじになっています。

岐阜県・飛騨高山がモデルになったアニメということで、聖地として観光する人も多く、舞台めぐりを楽しめる企画が飛騨高山にはそろっています。

このプリントクッキーには、氷菓のタイトル・氷菓で使われた名言や名セリフが印刷されていますよ。

  • 氷菓
  • わたし、気になります!…納得がいかない時のキメセリフ
  • やらなければいけないことなら手短に。…主人公のモットー・名言
  • やらなくてもいいことなら、やらない。…主人公のモットー・名言

氷菓プリントクッキーの絵柄の種類

ファンにはたまらない言葉ですね。

ちなみに、4種類の絵柄はランダムでいれているため、枚数が同数でない場合があります。

  • 氷菓 プリントクッキー 864円(税込)

氷菓のタイトルが分かりやすいパッケージの中には、小袋タイプのクッキーが12枚入っています。

クッキーは直径4.5㎝ほどの丸型で、厚みは0.6cmほどあります。

印刷は4種類。いずれもピンク色で、ポイントとなる文章はとても読みやすいです。

食べてみての感想

サクサク系のクッキーです。ビスケットをしっとりさせたような軽めの印象。
甘みは控えめなので食べやすいです。

プリント柄がポイントのクッキーは、思わず選びながら食べてしまいますね。

アニメを知っている人はもちろん、知らない人も言葉の意味を思わず噛みしめてしまいます。

「どこのお土産?」という話題から、会話が膨らみそうなお土産菓子ですよ。
賞味期限は、180日です。

氷菓プリントクッキーの裏面表示の写真

氷菓 プリントクッキーを購入した場所

今回、氷菓 プリントクッキーを東海北陸自動車道 ひるがの高原サービスエリアで購入しました。

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名氷菓 プリントクッキー
内容量12個入り
販売者株式会社 長登屋
販売者住所岐阜県下呂市東上田251-1
原材料小麦粉砂糖マーガリン鶏卵乳等を主要原料とする食品、着色料(黄4・赤102・青1・カロテン)、乳化剤(大豆由来)膨張剤香料酸化防止剤(ビタミンE)
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限180日
保存方法直射日光、高温多湿を酒、常温で保存してください。
箱の大きさ横 18.5cm × 奥行き 25.5cm × 高さ 3cm
名産地岐阜県高山
販売場所ひるがの高原SA
おみやげの種類クッキー洋菓子
価格帯1,000円以内

通販サイトでお土産を探す

※ それぞれの通販サイトのページに移動しますが、必ずしも販売されているわけではありません。