ほうらく饅頭

ほうらく饅頭 外装
ほうらく饅頭 外装ほうらく饅頭 開封した写真ほうらく饅頭 中身の写真

ほうらく饅頭(粒あん・こしあん・白あん)とは?

大正12年創業のほうらく堂が手がける、ほうらく堂を代表するお饅頭です。

もともとこのお饅頭は塩原の名物「塩原まんじゅう」として有名だったもの。

後に大正天皇・皇太子殿下が召し上がったことから「殿下まんじゅう」として知られるようになりました。

神戸では戦争で傷ついた軍人を救済するため、日露戦争の将校婦人達がこの饅頭を「ほうらく饅頭」として売り出したのが始まりです。

今では厳選された素材、伝統の製法により多くの人たちに賞賛されるお饅頭として知られるようになりました。

お饅頭に不可欠な餡。
この餡は創業以来、代々門外不出で受け継がれています。

素材は厳選されたものを使用。

  • 普通では使用を躊躇してしまうランクの厳選小豆
  • 最高級の砂糖
  • 神戸の美味しいお水

これらの素材を使って丁寧に自家製餡しているんです。

おいしい餡を作るために妥協もしません。

  • 小豆のおいしいところだけを使う
  • 作り置きはしない

その味が認められ、入学卒業式の紅白饅頭を神戸市全域の幼稚園、神戸市の小中学校(主に兵庫区・長田区・須磨区・垂水区・北区・西区)に、半世紀以前より納入しています。

身体にやさしい自然の素材を作った蒸し饅頭。日が経つにつれて風味を損なうので、できるだけ早く食べるのがおすすめです。

商品ラインナップは以下の通りです。

  • 5個入り
  • 10個入り:810円
  • 15個入り:1,188円
  • 20個入り:1,620円
  • 25個入り:1,998円
  • 30個入り:2,484円
  • 50個入り:3,996円
  • 2個入り(15箱から販売):2,520円〜
  • 3個入り(10箱から販売):2,430円〜

ほうらく饅頭(粒あん・こしあん・白あん)を食べた感想

小箱を開けると中から現れたのは小判型をしたお饅頭。

「白」、「赤」、「緑」のお饅頭は華やかで楽しい雰囲気を醸し出しています。

白(つぶあん)

たっぷりのつぶあんが入った純白のお饅頭です。

一口食べて驚いたのは皮の柔らかさ。
すっとかみ切れて皮を食べているという感覚をほとんど感じません。

ふわっとした皮のお饅頭。
これまでこんな軽い食感のお饅頭を食べたことがあるでしょうか。私の記憶では初めての感覚です。

口に入れた瞬間に感じるのは圧倒的なつぶあんの存在感。ほどよく小豆の粒が残った餡は甘さが強め。

小豆のおいしさを味わうなら「白」ですね。

赤(白あん)

ピンク色のかわいいお饅頭。
中にはたっぷりの白こしあんが入っています。

食べた瞬間、白あんのねっとりとした食感が。まとわりつくような重厚感のある舌触りです。

ところが甘さは控えめ。
小豆とはまた違った白あん独特の風味が楽しめます。

さっぱりとした味がお好きなら「赤」ですね。

緑(こしあん)

ほんのり抹茶の香りが漂う緑のお饅頭。
中にはきめ細かなこしあんが入っています。

一口食べるとすっと噛みきれるほど柔らかなお饅頭とこしあん。

同じこしあんですが「白あん」と比べて食感は軽め。甘さもとても控えめで、さっぱりとした後味です。

微かに香る抹茶もおいしさを引き立てます。

さっぱりと上品な味なら「緑」ですね。

ほうらく饅頭(粒あん・こしあん・白あん)が買える場所

ほうらく饅頭(粒あん・こしあん・白あん)は、ほうらく堂の各店舗オンラインショップで購入できます。

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名ほうらく饅頭
内容量5個入り10個入り15個入り20個入り25個入り30個入り50個入り
製造者(株)ほうらく堂
製造者住所神戸市北区山田町小部字広苅15-4
原材料小豆、とら豆、砂糖小麦粉抹茶赤色3号赤色106号膨張剤、手芒
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限夏場:2日間、冬場:4日間
保存方法冷暗所にて保存してください
箱の大きさ横 12.5(5個入り)cm × 奥行き 10.0(5個入り)cm × 高さ 3.4(5個入り)cm
名産地兵庫県神戸
おみやげの種類饅頭
価格帯1,000円以内2,000円以内3,000円以内4,000円以内

通販サイトでお土産を探す

※ それぞれの通販サイトのページに移動しますが、必ずしも販売されているわけではありません。