ひとくち甘酒餅 豊盃

OMIYA!の写真について

おみやげのデータ

商品名ひとくち甘酒餅 豊盃
内容量101〜200g
製造者株式会社 天狗堂宝船
製造者住所北海道亀田郡七飯町字中島205番地1
原材料小麦粉、砂糖、麦芽糖、水飴、炭酸Ca、(原材料の一部に大豆を含む)、もち粉、酒粕、あん、オブラート(澱粉)
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限1ヶ月
保存方法直射日光、高温多湿を避けてください
箱の大きさ横 13.5cm × 奥行き 18.2cm × 高さ 3.5cm
名産地青森県
販売場所ひろさきいまべつ
おみやげの種類和菓子
価格帯1,000円以内

ひとくち甘酒餅 豊盃とは

「豊盃(ほうはい)」は、青森県三浦酒蔵でつくられているお酒の名前です。
この名前の由来はふたつあり、ひとつは酒造りに適した米「豊盃米」から。

もうひとつは、かつて陸奥国弘前藩初代藩主だった津軽為信が、戦地で兵士の士気を鼓舞するために唄った「ホーハイ節」と同じ音だったことからです。

岩木山の伏流水と豊盃米を材料に、豊かな自然に囲まれた環境でつくられている豊盃。

こちらのおみやげは、この豊盃の酒粕をふんだんに使用し、ひとくちサイズの甘酒餅に仕上げてあります。

ひとくち甘酒餅 豊盃を食べてみて

豊盃の甘味と酸味がそのまま生かされていて、豊かな風味が特徴的です。
食感はもちもちとしていながらも硬めで、ゆべしに近いかもしれません。

生キャラメルのよう、と表現している人もいました。

甘酒餅は初めて食べましたが、想像していたよりも食べやすいという印象をもちました。

オブラートにひとつひとつ包んであるおかげで、手や歯にくっつきにくいのも嬉しいポイントですね。

砂糖の甘さに酒粕本来の甘味が加わり、一口でもかなり濃厚な後味が残ります。
酒粕や甘酒を使ったお菓子が好きな人には、ぜひおすすめしたいおみやげです。