菱屋 糸切餅(ひしや いときりもち)

菱屋 糸切餅 外装
菱屋 糸切餅 外装菱屋 糸切餅 開封写真菱屋 糸切餅 中身写真

菱屋(ひしや)の糸切餅について

菱屋 糸切餅 中身写真

滋賀県にある多賀大社の名物菓子といえば「糸切餅(いときりもち)」です。

鎌倉時代に蒙古軍(現在のモンゴル)が日本に攻めてきたときに、勝利を願って作られたものといわれています。

青・赤・青の3本ラインが特徴ですが、これは蒙古軍の旗印にちなんでいるのだとか。

そんな由来をもつ糸切り餅、現在では3軒のお店が製造・販売をしています。

菱屋(ひしや)の糸切餅は、その菓子名のとおり糸でお餅を切っているんですよ。

さらりとしたこしあん入りのモチモチしたお餅。
昔から食べ継がれてきた多賀の名物ですので、お土産にぴったりです。

菱屋(ひしや)の糸切餅の食べ方

▼糸切餅にはへらが1つ付いていますので、これを使って食べると手がべたつかずにすみます。

菱屋 糸切餅用のへら

▼へらをお餅の下に入れて、すくうようにして持ち上げるとうまく取れますよ。

菱屋 糸切餅をへらですくう

一人で食べるのであれば、そのままパクッと。
来客のお茶請けとして出すのであれば、お皿にきれいに盛り付けるのがよいですね。

菱屋(ひしや)の糸切餅を食べた感想

これまで何度も耳にした多賀名物・糸切餅。

販売店が限られているのため、なかなか入手できずにいましたが、名神高速道路の多賀サービスエリア(下り)で発見!
残り1つになっていまして、迷わず購入しました。

お店の方によると、毎朝10時ごろに店先に並ぶとのことです。(2018年6月末時点の情報)

賞味期限が当日中のため、固くならないうちに食べました。

開封すると、わたしが想像していたよりも小ぶりサイズのお餅が入っています。

菱屋 糸切餅 開封写真

つるりんとした餅の生地、そして3本線の入ったお餅がそそりますね。
へらですくってそのままパクリ!

菱屋 糸切餅をへらですくったところ

ん~、お餅が柔らかくモチモチしてうまい!

あっさりしたこしあんのためしつこさを感じず、パクパクと何個でも食べられそうな美味しさです。

あぁ、餅菓子ってシンプルなのになぜこんなにおいしいのでしょうか。
気をつけないと、1人でワンパックを食べちゃいそうです。

購入の翌日はすこし固くなっていましたので、必ず購入した日に、新鮮なうちに食べましょう!

記事の冒頭にも書きましたが、糸切餅は滋賀県多賀大社の名物。
この地域にゆかりのある人に贈れば喜んでもらえるでしょうね。

ただ、日持ちが当日中ですので、遠方へのお土産というよりは、すぐに渡せる人への手土産とするのがいいですね。

菱屋(ひしや)の糸切餅の個数と値段

菱屋の糸切餅は、10個入りで670円です。

菱屋(ひしや)の糸切餅の賞味期限

日持ちは当日中ですので、早めに食べるのをオススメします。

箱を斜めにすると餅が片寄るため、平らに持ち運ぶようにしてくださいね。

菱屋(ひしや)の糸切餅が買える場所、販売店について

菱屋(ひしや)

  • 住所:滋賀県犬上郡多賀町多賀711
  • 営業時間:8:00~売切れ次第終了

菱屋(ひしや)の糸切餅はサービスエリアでも買えますよ

滋賀県の道路上にある、名神自動車道 多賀サービスエリア(下り)で販売されています。

売り切れることが多いそうなので、どうしても買いたい場合は午前中に行くのがいいですよ。

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名菱屋 糸切餅(ひしや いときりもち)
内容量10個入り
製造者ひしや
製造者住所滋賀県犬上郡多賀町多賀711
原材料米粉砂糖小豆赤色102号青色1号ソルビット酵素
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限当日中
保存方法直射日光・高温多湿を避け常温で保存して下さい。
箱の大きさ横 12.2cm × 奥行き 20.1cm × 高さ 3.4cm
名産地滋賀県
販売場所多賀SA
おみやげの種類和菓子
価格帯1,000円以内

通販サイトでお土産を探す

※ それぞれの通販サイトのページに移動しますが、必ずしも販売されているわけではありません。