聖護院八ッ橋「聖・櫻花」

聖護院八ッ橋 「聖・櫻花」 外装
聖護院八ッ橋 「聖・櫻花」 外装聖護院八ッ橋 「聖・櫻花」 開封した写真聖護院八ッ橋 「聖・櫻花」 中身の写真

聖護院八ッ橋 「聖・櫻花」とは?

京都を代表するお土産「生八ッ橋」。

京都市が行った調査によると、京都を訪れる人の30%近くが生八ッ橋を購入するのだそうですよ。
(※京都観光総合調査 平成28年 による)

八ッ橋は京都のお土産の代表ともいえるお菓子。

京都を代表する八ッ橋ですから、当然数多くの八ッ橋屋さんがあります。
「京都八ッ橋商工業協同組合」という組織まであるほど。

今回ご紹介する生八ッ橋は、元禄二年(1689年)創業の聖護院八ッ橋総本店が手がける春限定の生八ッ橋「聖(ひじり)・櫻花」です。

生八ッ橋の皮は鮮やかな桜色。
その中には桜葉がたっぷりと練り込まれています。

そして中には桜あん。
しっかりとした強い甘さが、生八ッ橋全体の味を引き締めています。

見た目も鮮やかで美しい「聖護院八ッ橋 『聖・櫻花』」はお土産にもぴったりですね。

商品ラインナップは以下の通りです。

  • 5個入り:270円
  • 10個入り:540円

聖護院八ッ橋 「聖・櫻花」を食べた感想

鮮やかな桜色の生八ッ橋はとても華やか。
自然とわくわくとした気分になってきます。

桜色の生八ッ橋の皮には桜葉がたっぷりと使われていて、桜の香りがふわっと香ってくるんです。

袋を開けた瞬間にあふれだす桜の香り。
春爛漫といった感じですね。

目と鼻で存分に楽しんだら、「聖・櫻花」を一口。

しっかりとした食感の生八ッ橋は桜の香りがすごいです。

そして何よりも餡がおいしい!

こし餡は甘味が強くてずっしりとした食べ応えのある餡。ねっとりとした舌触りと、そこから放たれる桜の香りがたまりません。

これはおいしい!

春の時期だけ食べられる特別な生八ッ橋 「聖・櫻花」。おすすめです。

聖護院八ッ橋 「聖・櫻花」が買える場所

聖護院八ッ橋 「聖・櫻花」は、聖護院八ッ橋総本店の各店舗や京都市内の百貨店、駅などで購入できます。

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名聖護院八ッ橋「聖・櫻花」
内容量5個入り9個入り
製造者株式会社聖護院八ッ橋総本店
製造者住所京都市左京区聖護院川原町27
原材料桜あん(白生あん、砂糖、水飴、桜葉塩漬、寒天)、砂糖米粉澱粉桜葉塩漬酵素(大豆由来)赤ビート色素紅こうじ色素香料(ニッキ)
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限約10日
保存方法直射日光を避け、常温で保存して下さい。
箱の大きさ横 13.0cm × 奥行き 9.1cm × 高さ 2.4cm
名産地京都府
販売場所京都駅大丸京都店ジェイアール京都伊勢丹髙島屋京都店伏見稲荷大社清水寺
おみやげの種類八つ橋
価格帯1,000円以内

通販サイトでお土産を探す

※ それぞれの通販サイトのページに移動しますが、必ずしも販売されているわけではありません。