ふる里本舗 平家最中 もん

平家最中の外装
平家最中の外装平家最中の中身平家最中の中身(拡大)

平家最中とは?

平家最中は湯西川温泉でしか買えない銘菓

「平家最中」は、栃木県日光市にある湯西川温泉(ゆにしかわおんせん)の銘菓。

湯西川温泉は、日光駅から車で50分ほどの場所にある温泉地です。

壇ノ浦の合戦に敗れて逃れてきた平家落人が、温泉を見つけ傷を癒したとの言い伝えが残っていることから、平家落人伝説が残る場所としても有名ですね。

毎年1月中旬から3月中旬まで開催されるかまくら祭りのときは、多くの観光客で賑わいます。

平家最中は、湯西川温泉にある「ふる里本舗」でのみ製造・販売されている一品ですよ。

平家最中には「もん」と「くりやかた」があります

平家最中には「もん」と「くりやかた」の2種類があります。
今回紹介する最中は「もん」。

最中に型押されているのは、平家家紋の「丸に揚羽」と、それを隠すために落人が使った「丸に片喰」の紋の2種類です。

平家最中には添加物は一切使われておらず、餅米100%の皮と北海道小豆を原料の餡が特徴ですよ。

もう一つの「くりやかた」は芽葺き屋根の形に栗と餡が入った最中。

くりやかたは、前日までの予約が必要ですのでご注意を。

湯西川温泉にあるふる里本舗でしか買えない平家最中。
湯西川温泉を訪れたときのお土産におすすめの一品です。

平家最中 もんの値段と個数

1箱に6個入りで600円。
6個入りの他には、10個入り、20個入りのものがあります。

「ふる里本舗」を訪れて平家最中を買ってみました

湯西川温泉で昔から愛されている平家最中。

ファンも多く、遠くからわざわざ買いに求めに訪れるお客さんもいらっしゃるそうですよ。
メディアに取り上げられることもあります。

わたしは湯西川温泉を通りがかったときに、平家最中を製造・販売している「ふる里本舗」を訪れてみました。
ここでしか買えないというのも魅力の1つですよね。

店内で扱っているお菓子は、平家最中のみ。

シンプルな黒の包装紙は昔ながらの伝統のお菓子の雰囲気を感じます。

平家最中 もんを食べてみての感想

最中を一口頂いてみました。

パリッとした皮の中に入っているのは、ねっとりとした舌触りのコクがある粒あん。

甘すぎず、上品な甘さの餡がパリッとした皮によくあい、食べやすい味です。

添加物を一切使っていない皮と餡。

シンプルな原材料からひきだされる味は、くどさがなく、ついついもう一つと手が伸びるような優しい味がします。

お茶と一緒に頂くのにぴったりですね。

平家最中の賞味期限は3日 すぐ渡せるおみやげに

添加物を一切使っていないので、賞味期限は3日。

すぐにわたせる方へのお土産か、湯西川温泉を訪れたときの自分用にもいいですね。
湯西川温泉のかまくら祭りに訪れたときのお土産にもぴったり。

賞味期限が短く、湯西川温泉のふる里本舗でしか買えない貴重な最中。通販などはありません。

最中や和菓子が好きな方には、わざわざ訪れて食べていただきたいようなお菓子です。

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名ふる里本舗 平家最中 もん
内容量6個入り10個入り20個入り
製造者ふる里本舗
製造者住所栃木県日光市湯西川678の3
原材料小豆砂糖寒天食塩水あめもち米
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限3日間
保存方法高温多湿を避けて保存してください
箱の大きさ横 14cm × 奥行き 22cm × 高さ 4.3cm
名産地栃木県日光
おみやげの種類最中和菓子
価格帯1,000円以内

通販サイトでお土産を探す

※ それぞれの通販サイトのページに移動しますが、必ずしも販売されているわけではありません。