ハトヤ 揚げかまぼこ(きくらげ)

ハトヤ揚げかまぼこ(きくらげ)外装写真
ハトヤ揚げかまぼこ(きくらげ)外装写真ハトヤ揚げかまぼこ(きくらげ)開封写真ハトヤ揚げかまぼこ(きくらげ)中身写真

ハトヤ 揚げかまぼこ(きくらげ)について

ハトヤは、昭和21年に兵庫県姫路市に創業したかまぼこ屋。

戦前から戦中にかけ、姫路市内で「辰乃屋」という料理屋を営んでいた松本辰次郎が開いたお店がハトヤの始まりで、社名の「ハトヤ」は、平和の象徴でもある鳩から名づけられたそうです。

姫路は瀬戸内海の播磨灘に面していて、海の幸の宝庫としても知られていました。

かまぼこの原料となる魚は戦後でも豊富に獲れていて、この食材を使って何か作れないかということで、作り始めたのがかまぼこなんだとか。

2018年6月現在、店舗は本店、かまぼこ道場、姫路駅前店、大手前店、山陽店、ピオレおみやげ館店の6店舗。
姫路の駅前や姫路城付近に店舗があるため、観光や出張の帰りに立ち寄りやすいお店です。

揚げかまぼこ(きくらげ)とは

今回は、白いかまぼこに長細くカットしたきくらげが入った揚げかまぼこをいただきました。

厚手のパッケージには、密封パックに揚げかまぼこが1個入っています。

ハトヤ 揚げかまぼこ(きくらげ)の価格・購入場所

価格は、1個247円(税抜)。
購入場所は、JR姫路駅の改札を出てすぐのところにあるピオレおみやげ館店です。

ハトヤ 揚げかまぼこ(きくらげ)を食べた感想

食べてみると、癖のないオーソドックスな味がするかまぼこに、しゃりしゃりとした食感のきくらげが入っています。

細くカットされているきくらげがところどころに入っているのが特徴です。

全体的にしっとりとした食感で、やや硬め。
あっさりとしたシンプルな味わいなので、どの年代にもおすすめしやすい商品です。

ハトヤ 揚げかまぼこ(きくらげ)はこんな人におすすめ

スイーツ系が苦手という方で、普段からお酒を飲むという人へのお土産にぴったり。

ビールやハイボールなどお酒のおつまみにも合うので、ナイフとフォークで細かく切りながらお酒と一緒に少しずつ食べると、いい肴になりますよ。

JR「姫路駅」のピオレおみやげ館でも購入できるので、出張や観光の帰りに買いやすい商品。

味のバリエーションも豊富なので、複数人へのお土産なら別々の味にして、相手に選んでもらうのもいいですね。

OMIYA!で紹介しているハトヤの商品一覧

OMIYA!では、そのほかのハトヤの商品も紹介しています。

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名ハトヤ 揚げかまぼこ(きくらげ)
内容量1個入り
製造者㈱ハトヤ
製造者住所兵庫県姫路市北条口5丁目8番地
原材料魚肉(ぐち、いとより、たら、はも)、きくらげ、砂糖卵白でん粉(小麦)みりん食塩なたね油調味料(アミノ酸等)保存料(ソルビン酸K)
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限約2週間
保存方法10℃以下に冷蔵願います。お早めにお召し上がり上がりください
箱の大きさ横 10.5cm × 奥行き 2.5cm × 高さ 10.5cm
名産地兵庫県姫路
販売場所姫路駅
おみやげの種類魚介加工品
価格帯1,000円以内

通販サイトでお土産を探す

※ それぞれの通販サイトのページに移動しますが、必ずしも販売されているわけではありません。