ハトヤ 揚げかまぼこ(かきあげ)

ハトヤかきあげ外装身写真
ハトヤかきあげ外装身写真ハトヤかきあげ開封身写真ハトヤかきあげ中身写真

ハトヤ 揚げかまぼこ(かきあげ)について

ハトヤとは、昭和21年に創業された兵庫県姫路市にあるかまぼこ屋。
料理人であった松本辰次郎が、冷凍菓子 並びに水産煉製品製造小売業として創業したのがお店の始まりです。

社名の「ハトヤ」は、平和の象徴でもある鳩から名づけられたそう。

創業者の辰次郎は戦前から戦中にかけて、姫路市内で「辰乃屋」という料理屋を営んでいましたが、戦後食糧難のときにも海の幸に恵まれた姫路では、魚が豊富に獲れていたことから、「自分の才を生かして、人々に食べてもらえるものはなにか」と考えたところ生まれたのが、お店の看板商品である「かまぼこ」。

昭和26年の3月には「ハトヤ商店」から「株式会社ハトヤ商店」へと組織を変え、その年の11月には全国蒲鉾品評会で 「水産庁長官賞」を受賞し、わずか5年でその技術、品質を全国に認められるまでになりました。

揚げかまぼこ(かきあげ)とは

そんなハトヤが手がける、かきあげの揚げかまぼこをいただきました。

シンプルでおしゃれなパッケージの中に入っているのは、にんじんやかぼちゃ、さつまいもが入ったかきあげの揚げかまぼこ。

1個ずつ個包装されていて、1個から購入可能です。

ハトヤ 揚げかまぼこ(かきあげ)の価格・購入場所

価格は、1個247円(税別)。購入場所は、JR姫路駅にあるピオレおみやげ館店です。

ハトヤ 揚げかまぼこ(かきあげ)を食べた感想

食べてみると、濃厚なじゃがいもの味が感じられました。

にんじんやかぼちゃも入っていますが、じゃがいもの味が一番濃く表われていて、食感も残っています。

断面写真を見ても分かるように、具もたっぷり入っていて、シャキシャキとした食感を楽しめるのも特長の一つ。

普通のノーマルなかまぼこよりも手間をかけ、工夫されている感じがして、リッチ感があるかまぼこです。

ハトヤ 揚げかまぼこ(かきあげ)はこんな人におすすめ

ハトヤのかきあげの揚げかまぼこは、JR「姫路駅」のピオレおみやげ館に販売されているので、移動時間の合間に買いにいけるのがうれしいところ。

ひとつひとつ個包装されているので、ばらまき土産にも最適ですよ。

味のバリエーションも豊富なので、色々な味を数種類購入して、「好きなものをどうぞ」と職場や学校で配るのもいいでしょう。

甘いものは苦手という人も、かまぼこなら食事のメニューに加えたり、おやつ代わりに食べることも出来そうですね。

シンプルなパッケージもオシャレですし、大人向けのお土産にはぴったりの一品ではないでしょうか。

ハトヤの商品一覧

OMIYA!ではそのほかのハトヤの商品も紹介しています。

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名ハトヤ 揚げかまぼこ(かきあげ)
内容量1個入り
製造者㈱ハトヤ
製造者住所兵庫県姫路市北条口5丁目8番地
原材料魚肉(ぐち、いとより、たら、はも)人参かぼちゃ、さつまいも.砂糖、卵白でん粉(小麦)みりん食塩なたね油調味料(アミノ酸等)保存料(ソルビン酸K)
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限約2週間
保存方法10℃以下に冷蔵願います。お早めにお召し上がり上がりください
箱の大きさ横 10.5cm × 奥行き 2.5cm × 高さ 10.5cm
名産地兵庫県姫路
販売場所姫路駅
おみやげの種類魚介加工品
価格帯1,000円以内

通販サイトでお土産を探す

※ それぞれの通販サイトのページに移動しますが、必ずしも販売されているわけではありません。