はる おたべ さくらの生八つ橋

はる おたべ さくらの生八つ橋 外装
はる おたべ さくらの生八つ橋 外装はる おたべ さくらの生八つ橋 開封した写真

はる おたべ さくらの生八つ橋とは?

京都といえば生八つ橋。

京都市内を歩いていると多くの人たちが八つ橋屋さんの袋を手に提げている光景を見かけます。

今回ご紹介するのは、数ある八つ橋メーカーの中でも「おたべ」という商品名で生八つ橋を販売している「美十」のもの。

「はる おたべ さくらの生八つ橋」には2種類の生八つ橋が入っていますよ。

  • 関西風桜餅仕立て
  • 関東風桜餅仕立て

「関西風桜餅仕立て」は餅米入りの桜あんを白い生八つ橋(にっきなし)で包み込んでいます。

そして「関東風桜餅仕立て」の方は、ほんのりと桜が香る桜こしあんをさくら色の生八つ橋(にっきなし)で包み込んだものです。

嬉しいのは「桜の塩漬け」がついていること。白湯に浮かべて桜湯として楽しめるんですよ。

パッケージには衹園の街に咲き乱れる桜。

これを作成したのは、文化庁文化交流使にも指名された切り絵画家・久保修氏。
印象的な切り絵ですね。

「はる おたべ さくらの生八つ橋」は春限定商品。4月29日までの出荷商品ですので、購入される時にはお気をつけください。

「関西風桜餅仕立て」、「関東風桜餅仕立て」それぞれ5個ずつ入って540円です。

はる おたべ さくらの生八つ橋を食べた感想

桜が咲き乱れるパッケージ。
橋には「白川」の文字が。これは衹園の街でしょうか。

古都の春を温かく華やかに描いたこの切り絵を見ているだけで、あたたかな気持ちになってくるようです。

フタを開けると中には2種類の生八つ橋が。
関東風、関西風桜餅をイメージした春の生八つ橋です。

桜こしあん(関東風桜餅)

桜色の生八つ橋は「桜こしあん」です。

もっちりとした生八つ橋。
その中に入っているのは、桜の香りが食欲をそそるこしあんです。

じっくりと味わうと、じわっとあふれ出す桜の香りと餡の甘味。きな粉の香ばしい香りと相まって、とても豊かな味わいを醸し出しています。

やわらかな生八つ橋と、桜のこしあんがとてもよく合います。おいしいです。

桜餅風味(関西風桜餅)

うっすらと黄色がかった生八つ橋は「桜餅風味」。

生八つ橋の中に入っているのは桜餅のような餡です。

関西風桜餅の特徴でもある道明寺の粒々感がしっかりと再現されていますよ。

餡というよりは、桜餅を生八つ橋で包み込んだものという表現の方が合っているかもしれません。

きらきらと光る餅米の粒々。食感も最高です。

粒あんやこし餡の生八つ橋とは全く違う、独特の食感がたのしい生八つ橋です。

「これは是非とも食べてみてほしい。」
そんな風に思わせてくれる生八つ橋ですよ。

はる おたべ さくらの生八つ橋が買える場所

はる おたべ さくらの生八つ橋は、おたべの各店舗や関西のお土産店、オンラインショップなどで購入できます。

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名はる おたべ さくらの生八つ橋
内容量10個入り
製造者株式会社美十
製造者住所京都市南区西九条高畠町35-2
原材料【餅米入り桜餅風味】桜餅あん(砂糖、白生あん、餅米、桜葉塩漬粉末、食塩)、砂糖、米、きな粉(大豆を含む)、着色料(クチナシ、紅麹)、酵素、【桜こしあん味】砂糖、米、赤生あん、きな粉(大豆を含む)、桜葉塩漬粉末、寒天、着色料(クチナシ、紅麹)、酵素、[桜の花の塩漬け]桜の花、食塩、梅酢、酸味料、ミョウバン
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限12日
保存方法直射日光、高温多湿な場所を避けて常温で保存してください。
箱の大きさ横 12.7cm × 奥行き 21.0cm × 高さ 2.3cm
名産地京都府
販売場所関西国際空港京都駅
おみやげの種類八つ橋
価格帯1,000円以内

通販サイトでお土産を探す

※ それぞれの通販サイトのページに移動しますが、必ずしも販売されているわけではありません。