加賀 華てまり

加賀 華てまり 外装
加賀 華てまり 外装加賀 華てまり 開封した写真加賀 華てまり 中身の写真

加賀 華てまりとは?

「加賀 華てまり」
「加賀手まり」

雅風堂が手がける「加賀 華てまり」は、金沢の伝統工芸品「加賀手まり」にちなんだお菓子です。

小さく丸めた北海道産の小豆の中にはたっぷりの胡桃が入っています。

胡桃は加賀ではよく食べられる、馴染みの深い食べものなんですよ。

そして小豆のまわりには、最高級の砂糖といわれる和三盆糖をまぶしています。

上品なその姿はお茶の席にはぴったり。
お土産としても喜ばれると思います。

商品ラインナップは以下の4つです。

  • 7個入り:908円
  • 12個入り:1,566円
  • 15個入り:1,944円
  • 18個入り:2,333円

金沢の伝統工芸「加賀手まり」

「加賀 華てまり」の元となった金沢の伝統工芸品「加賀手まり」。

少しだけその伝統の世界をご紹介しましょう。

金沢に手まりが持ちこまれたのは江戸時代のこと。

徳川家康の孫・玉姫(たまひめ)が持参したものがその始まりとされています。

加賀の手まりは色鮮やかな糸を使って作られていて、美しく巧妙な幾何学模様が特徴。

特に海外へのお土産にも人気なんだそうです。

加賀 華てまりを食べた感想

純白の丸みを帯びた柔らかな雰囲気のパッケージ。柔らかい中にもキリッとした強さも感じさせてくれます。

純白のパッケージからは、「加賀 華てまり」の上品さが伝わってくるようです。

「加賀 華てまり」はころっと丸い形をしたお菓子。表面には真っ白な和三盆糖がまぶされていて、とても清らかで上品です。

お皿に置くとコツンと音を立てます。

少し固いお菓子なのかなと思ったのですが、中はふわっと柔らか。

口に入れた瞬間、和三盆糖のしっとりときめ細か、そして控えめな甘さを感じます。

それに続いてふわっとした小豆の強い甘さが口の中に広がるんです。

小豆の中からはゴツゴツとした胡桃から香ばしい香りが放たれます。

胡桃を噛んだ時のカリッとした食感と豊かな香りは、強い甘さの小豆に決して負けません。

強い甘さの「加賀 華てまり」は、苦めの日本茶に合う上品でとてもおいしい一品です。

加賀 華てまりが買える場所

加賀 華てまりは、雅風堂の各店舗オンラインショップ金沢駅などでも購入できます。

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名加賀 華てまり
内容量7個入り12個入り15個入り18個入り
製造者(株)雅風堂 G
製造者住所石川県白山市布市1丁目239
原材料砂糖くるみ小豆、米飴(国産)、うるち米粉(国産)、コーンスターチ(遺伝子組み換え不分別)、麦芽糖寒天
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限14日
保存方法高温多湿をお避け下さい。
箱の大きさ横 12.0(7個入り)cm × 奥行き 12.0(7個入り)cm × 高さ 5.0(7個入り)cm
名産地石川県金沢
販売場所小松空港金沢駅
おみやげの種類和生菓子
価格帯1,000円以内2,000円以内3,000円以内

通販サイトでお土産を探す

※ それぞれの通販サイトのページに移動しますが、必ずしも販売されているわけではありません。