ぐーどすえ金つば

ぐーどすえ金つばの歴史・概要

明治25年に、京都・新京極通りに創業した西谷堂。
歴史ある、和菓子のお店です。

今回紹介するのは金つばなのですが、
金つばといえば、四角のものを思い浮かべませんか?

西谷堂の金つばは、珍しく「まるい形」をした金つばなんです。

形にもオリジナリティがありますが、
西谷堂のこだわりは、大きく3つあります。

  • 原材料の種類をなるべく少なく、シンプルな菓子を作ること
  • 餡の味を追求すること
  • 京都の伝統産業の維持継続に資すること

さらに、お菓子に使われている水は、
比良山水系より京都盆地を100年かけて流れている「伏流水」だそうです。

金つば自体は小麦粉と山芋で作った皮で、
粒餡を薄く小粒に包んでいます。
そしてそれぞれに、ナッツや栗などをトッピングして京風に創作したのが「ぐーどすえ金つば」です。

伝統の味であることはもちろん、
見た目は京都らしいオシャレさもありながら、
お値段もお手頃なのが嬉しい一品です。

ぐーどすえ金つばを食べてみた感想

まず気が付いたのは、この薄皮の良いところ。
手で取るには充分な強度です。また、サラサラしているので手が汚れません。

それなのに、口にいれると気にならない程度の絶妙な薄さと触感。
そこに、伝統の技を感じました。

餡はつぶ餡で、あっさりした甘さです。
その効果で、具の味が引き立っているように感じました。

個人的に一番美味しかったのが、白ごま。
シンプルなトッピングですが、
ごまの香りと味が餡との相性もとても良いです。
ご自身の好きなトッピングを見つけてみるのも楽しいと思います。

上品にちょこっと食べられる「ぐーどすえ金つば」。
パッケージには、英語の説明文も記載されているので
海外の方へのおみやげにも適していますよ。

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名ぐーどすえ金つば
内容量9個入り
製造者株式会社西谷堂
製造者住所京都市上京区今出川通小川東入下ル南兼康町344
原材料ピーカンナッツ砂糖還元水飴トレハロース寒天抹茶小豆山芋くるみごまクチナシ色素
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限約10日
保存方法直射日光を避け常温で保存のこと。
箱の大きさ横 14.8cm × 奥行き 2.5cm × 高さ 14.9cm
名産地京都府
おみやげの種類和半生菓子
価格帯1,000円以内

通販サイトでお土産を探す

※ それぞれの通販サイトのページに移動しますが、必ずしも販売されているわけではありません。