五郎丸屋 薄氷

五郎丸屋 薄氷 外装
五郎丸屋 薄氷 外装五郎丸屋 薄氷 開封した写真五郎丸屋 薄氷 中身の写真
OMIYA!の写真について

おみやげのデータ

商品名五郎丸屋 薄氷
内容量10個入り20個入り30個入り32個入り40個入り50個入り
製造者株式会社 五郎丸屋
製造者住所富山県小矢部市中央町5-5
原材料和三盆糖、もち粉(富山県産)、粉糖、卵白
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限約2ヶ月
保存方法高温多湿を避けて保存してください。
箱の大きさ横 10.0cm × 奥行き 19.8cm × 高さ 2.7cm
名産地富山県小矢部
販売場所富山空港富山駅
おみやげの種類干菓子
価格帯2,000円以内3,000円以内4,000円以内5,000円超

五郎丸屋 薄氷について

創業宝暦2年の五郎丸屋は、富山県小矢部市に本店をかまえるお店。

中でも、お店を代表するお菓子として有名なのが「薄氷」です。

薄氷とは、名前の通り、薄い氷をイメージした干菓子のこと。

寒い朝に水溜りや水田に張る薄氷の様子を、お菓子に映し込んでいます。

薄氷が誕生したのは、宝暦2年(1752年)。

創業以来、変わらない味を今でも職人さんが1枚1枚手作りしています。

富山特産の新大正米を使用したお煎餅に、阿波特産の高級和三盆糖を塗って仕上げているんですよ。

薄氷は個包装されておらず、箱の中に仕切られた状態で入っています。

日持ちも60日間と長めなので、1枚ずつ味わって食べたくなりますね。

おみやげにはもちろん、贈り物にもぴったりなお菓子です。

五郎丸屋 薄氷を食べた感想

箱の中には、薄氷が5枚ずつ並んでいます。

上段に5枚、下段に5枚、あわせて10枚の薄氷が入っていました。

パリンッと薄い氷を割ったかのような、不揃いな形も印象的です。

煎餅も薄く作られているので、サクッとした軽い食感が楽しめますよ。

表面に塗られた和三盆糖の甘みと、煎餅の香ばしさが絶妙。

サックリしているのに、しっとりした噛み心地もあるという、ギャップがまた面白いです。

和三盆糖のやさしい甘さが余韻として残る、雅なお菓子です。

薄氷には季節の薄氷というものもあり、四季折々の形が楽しめます。

季節限定の薄氷も、ぜひチェックしてみてくださいね。

参考:季節の薄氷(ひとひら)の記事についてはこちら

五郎丸屋 薄氷の価格

  • 10枚入り 1,080円(税込)
  • 20枚入り 1,944円(税込)
  • 30枚入り 2,808円(税込)
  • 32枚入り 3,240円(税込)
  • 40枚入り 4,320円(税込)
  • 50枚入り 5,400円(税込)

五郎丸屋 薄氷を買える場所