五郎島金時おいもぷりん

五郎島金時おいもぷりん 外装
五郎島金時おいもぷりん 外装五郎島金時おいもぷりん 開封した写真五郎島金時おいもぷりん 中身の写真

五郎島金時おいもぷりんとは?

加賀野菜のさつまいも「五郎島金時芋」をふんだんに使ったプリンです。

素朴な卵色をしたプリンの中には、五郎島金時芋の粒も入っています。ゴロゴロしたお芋の食感も楽しめるプリンなんですよ。

五郎島金時芋の起源は今から約300年前といわれています。

当時の薩摩(鹿児島県)より種芋が加賀の五郎島地区に持ち帰られました。

この地区は海に面した砂地。
この土壌はさつまいも栽培に適していて、おいしいさつまいもが生産されるのです。

五郎島金時芋の特徴は皮が紅色、そして肉色は黄白で外観がよいこと。

「五郎島金時おいもぷりん」に使われている五郎島金時芋は内灘砂丘で育ったお芋。
この場所も五郎島金時芋の主な産地なんですよ。

加賀野菜として認定されている「五郎島金時芋」を使ったプリン。

加賀のお土産としていかがでしょうか。

商品ラインナップは以下の通りです。

  • 2個入り:627円
  • 6個入り:1,772円
  • 9個入り:2,549円
  • 12個入り:3,327円

五郎島金時おいもぷりんを食べた感想

半透明の箱。
その中に透けて見えるのは、深紅色をしたさつまいものシルエットが印象的なパッケージ。

「五郎島金時おいもぷりん」は1個ずつ箱に収められています。

中からプリンを取り出すと、現れたのは卵色のプリン。和のプリンらしく落ち着いた色をしています。

ねっとりとしたプリンはカップからお皿へ取り出すのは少し大変。根気よく容器を揺すったり軽く叩き、1分ほどできれいにお皿に移しかえることができました。

さつまいの独特の香りが漂うプリンを口へ運びます。

プリンはねっとりとしていて、舌に触れるとざらっとした食感です。これはさつまいもの繊維なのでしょう。

自然のさつまいもをまるごと使っているようでとても野性的。

さつまいもの繊維がたっぷりと入っているので、お通じも良くなりそう。

一般的なプリンのようなぷるんとした食感はまったくありませんが、ねっとりとしたさつまいものペーストを食べているような感覚です。

プリン自体、さつまいもの自然の甘さを生かしたもの。

砂糖の強い甘さはそれほど感じません。
ほんのりと優しいさつまいもの甘さがおいしいです。

優しくて懐かしい。
ほっとするような優しいプリンですよ。

五郎島金時おいもぷりんが買える場所

五郎島金時おいもぷりんは、雅風堂の各店舗オンラインショップ金沢駅などで購入することができます。

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名五郎島金時おいもぷりん
内容量2個入り6個入り9個入り12個入り
製造者販売者:(株)雅風堂 G
製造者住所販売者住所:石川県白山市布市1丁目239
原材料さつま芋(五郎島金時芋)、油脂加工食品砂糖ゲル化剤(増粘多糖類)乳化剤着色料(カロチン)香料リン酸塩(Na)酸化防止剤(V.E)(原材料の一部に乳成分、大豆を含む)
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限180日
保存方法冷暗所にて保管して下さい。
箱の大きさ横 9.0(2個入り)cm × 奥行き 16.3(2個入り)cm × 高さ 4.5(2個入り)cm
名産地石川県金沢
販売場所小松空港金沢駅
おみやげの種類プリンスイーツ
価格帯1,000円以内2,000円以内3,000円以内4,000円以内

通販サイトでお土産を探す

※ それぞれの通販サイトのページに移動しますが、必ずしも販売されているわけではありません。