淡雪ふわり こがししょっつる味

淡雪ふわり こがししょっつる味外装
淡雪ふわり こがししょっつる味外装淡雪ふわり こがししょっつる味開封後淡雪ふわり こがししょっつる味中身

淡雪ふわり こがししょっつる味とは

「秋田名物八森ハタハタ、男鹿で男鹿ぶりこ…」
秋田音頭の出だしの歌詞にも歌われているように、秋田県はその昔、ハタハタが大量に穫れる土地でした。

しかし、乱獲と環境の変化により、その後漁獲量は激減。
数年間の禁漁を経て、今では毎年決まった数の漁獲でハタハタを守っています。

ハタハタが身近にあったこの土地で発達したのが、「しょっつる」と呼ばれる魚醤の文化です。

有名な魚醤にタイのナンプラーがありますが、しょっつるはハタハタを原料に発酵させた調味料のことを言います。
なんと、江戸時代初期から作られていたのだそう。

秋田ではハタハタと野菜をしょっつるで煮て食べる「しょっつる鍋」や、B級グルメとして「男鹿しょっつる焼きそば」などで食べられています。

そんなしょっつるを使ったこちらのおみやげ。
淡雪をかぶったかのように、粉末状のパウダーをまぶしたおせんべいです。

原料は秋田県産うるち米、しょっつるは秋田県八峰町の女性団体「ひより会」のものを使用しています。

雪の結晶のパッケージデザインに、半透明の和紙のような素材がマッチして上品さがあります。
せんべいの六角形も、雪の結晶を意識しているのでしょうか。

淡雪ふわり こがししょっつる味を食べてみて

しょっつるはただでさえクセが強く、県民の間でも好き嫌いが分かれる調味料です。
袋を開けた瞬間、強い香りが放たれます。魚臭いというよりは、にんにくのようなツンとくる香りがしました。

口当たりの軽いうす揚げせんべいで、小気味良く口の中で消えていきます。
焦がしたような香りと、魚や昆布由来の強いうまみが感じられました。

焼き目が薄めで、さらにパウダーをまぶしてあるため「淡雪ふわり」というネーミングがぴったりです。
軽いおせんべいなので、飽きることなく食べ進められました。

しょっつる感はそこまで強くないので、万人受けする味だと思います。
しょっつるが苦手な方や、食べたことがないという方は挑戦してみてはいかがでしょうか。

バリエーションとして、炙り海老塩味もありますよ。

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名淡雪ふわり こがししょっつる味
内容量100g以内
製造者有限会社鼎屋(かなえや菓子工房)
製造者住所秋田県秋田市外旭川鳥谷場165
原材料加工でん粉、うるち米(秋田県産)、植物油(なたね油)、魚醤(ハタハタしょっつる)、粉砂糖(グラニュー糖、オリゴ糖)、粉末醤油(濃口醤油(大豆、小麦を含む)、食塩)、昆布粉末
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限2ヶ月
保存方法直射日光及び、高温多湿を避け常温で保存してください。
箱の大きさ横 16cm × 奥行き 27cm × 高さ 9cm
名産地秋田県
販売場所秋田空港秋田駅あきた港岩城象潟ことおかおがちおおがた雁の里せんなんしょうわ
おみやげの種類揚げせんべい
価格帯1,000円以内