ふろしきまんじゅう

評価★★★★★4.5
クチコミ2

ふろしきまんじゅうとは?

明治元年にふろしきまんじゅうは創業しました。黒砂糖と和三盆糖を使った昔ながらの味です。

まんじゅうの出来上がりの形が、丁度風呂敷の四隅を折ったような方になることから菓子名が「ふろしきまんじゅう」と命名されました。

地元では屋号から「おたふくまんじゅう」と呼ばれています。

ふろしきまんじゅうを食べた感想

まんじゅうの皮は黒糖が使用されていて、中身は甘さ控えめのこしあんでした。ふっくらとした食感がやみつきになります。

JR米子駅内の「おみやげ楽市」で購入しました。

鳥取県民なら誰もが知っている有名なおみやげです。

友達と一緒に食べましたが、8個くらいなら1人でも食べきれそうでした。ワンコインで買えるので財布に優しいですよ。

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名ふろしきまんじゅう
内容量8個入り
製造者(有)山本おたふく堂
製造者住所鳥取県東伯郡琴浦町八幡348
原材料小麦粉砂糖水飴食塩膨張剤、糖蜜(和三盆の原糖)、生あん黒砂糖ブドウ糖
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限3日
保存方法直射日光を避け常温で保存
箱の大きさ横 16cm × 奥行き 12cm × 高さ 2cm
名産地鳥取県
販売場所鳥取空港米子空港JR松江駅JR鳥取駅JR米子駅
おみやげの種類饅頭和菓子

通販サイトでお土産を探す

※ それぞれの通販サイトのページに移動しますが、必ずしも販売されているわけではありません。