舟和 人形焼

舟和  人形焼 外装
舟和  人形焼 外装舟和  人形焼 開封後舟和  人形焼 中身

舟和 人形焼とは

明治35年(1902年)、東京・浅草に創業した老舗和菓子店「舟和」。

いまや全国的な人気となった「芋ようかん」の元祖としても知られていますね。

そんな舟和は、浅草名物 人形焼も販売しています。

いろんな形がある人形焼専門店と違い、形は1種類のみですが、宝船をかたどった縁起の良いフォルムですよ。

餡は、こしあんとおいもあんの2種類があります。

舟和  人形焼 断面

今回購入したのは8個入りの箱。ほかに12個入りも販売されています。また、店舗によってはバラでも購入できます。

個包装されており2週間近く日持ちがするので、浅草みやげとして便利に使えそうです。

舟和 人形焼の価格とカロリー

  • 価格:8個入り 1,144円、12個入り 1,663円(税込)
  • カロリー:こしあん 110kcal、おいもあん 106kcal(1個あたり)

舟和 人形焼を食べてみた感想

丸っこくかわいらしい形の宝船の帆には、よく見る「宝(寶)」ではなく「和」の文字が。

”舟”に”和”で「舟和」を表しているのでしょうか。こういう遊び心に気づくとなんだかうれしくなります。

ふんわりしっとり、優しい口当たりの生地は、あんとの一体感がありとても食べやすいですよ。

こしあんはなめらかで小豆の風味豊か。こっくり甘めな味わいです。

おいもあんはさつまいもらしいホクホクとした食感で自然な甘さ。

芋ようかんが有名なお店だけあって、おいもあんがあるのが舟和らしいですね。

2つの味を食べ比べるのも楽しいです。

しっとりしているので口の中がパサつかず、飲み物なしでもいただけますが、やはり緑茶との相性はバツグン。

贈る相手を選ばない、万人受けするおいしさです。

今まで、舟和といえば芋ようかんばかり買っていた私ですが、これからは日持ちのする人形焼もおみやげ候補に入れたいな、と思いました。

舟和 人形焼を購入できる場所

「舟和」の一部店舗で購入できます。

公式サイトの店舗一覧のうち、取扱商品欄に「焼菓子」と書いてある店舗で販売していますよ。

また、舟和オンラインショップで通販も行っています。

OMIYA!で紹介している舟和の商品一覧

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名舟和 人形焼
内容量1個入り8個入り12個入り
製造者株式会社 舟和本店 FU
製造者住所東京都台東区駒形1-9-5
原材料【いも餡】甘藷、砂糖、小麦粉、卵、あん、植物油脂、米飴、蜂蜜、食塩、トレハロース、膨張剤、香料、カロチン色素、(原材料の一部に乳、大豆を含む)、【こし餡】あん、砂糖、小麦粉、卵、植物油脂、水飴、蜂蜜、食塩、トレハロース、ソルビット、膨張剤、香料、カロチン色素、(原材料の一部に乳、大豆を含む)
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限購入日:2018年3月20日、賞味期限日:2018年4月5日
保存方法直射日光を避けて涼しいところで保存
箱の大きさ横 13.2cm × 奥行き 26.4cm × 高さ 4.3cm
名産地東京都浅草
販売場所東京国際空港(羽田空港)東京駅大丸東京店松屋浅草小田急百貨店新宿店西武池袋本店東急百貨店東横店浅草寺周辺
おみやげの種類人形焼き和菓子
価格帯1,000円以内2,000円以内

通販サイトでお土産を探す

※ それぞれの通販サイトのページに移動しますが、必ずしも販売されているわけではありません。