舟和 煉羊羹(小倉)

舟和 煉羊羹 小倉 外装
舟和 煉羊羹 小倉 外装舟和 煉羊羹 小倉 開封後舟和 煉羊羹 小倉 中身

舟和 煉羊羹(小倉)とは

羊かん司「舟和」として、明治35年に東京・浅草で創業した和菓子店「舟和」。

さつまいもと砂糖、塩のみで作った「芋ようかん」が全国的に人気のお店ですね。

芋ようかんと並び、看板メニューとなっているあんこ玉や、煉羊羹も創業当時から作られてきました。

舟和の煉羊羹は「本煉・小倉・抹茶・栗煉」の4種類。

今回紹介する「小倉」は、こしあんタイプの本煉に粒の小豆が加わった羊羹です。

立派な竹の皮で包まれており、中にはさらに紙箱が。本体はアルミフィルム包装となっています。

舟和 煉羊羹 小倉 箱

持ち運び時に潰れたりしないしっかりした包装で、贈答品としても安心ですね。

値段は1本1,512円(税込)、賞味期限は5~6ヶ月ほど。

オンラインショップでは、本煉と小倉の2本入り箱、本煉・小倉・抹茶の3本入り箱も販売されています。

日持ちがするのでお土産だけでなく、自宅用のお茶菓子ストックとしても使えそうです。

舟和 煉羊羹(小倉)を食べてみた感想

みずみずしくつややかな質感で、外見はこしあんタイプの「本煉」とほとんど変わりません。

カットしてみると、たっぷりの小豆が顔を出しますよ。

小豆は粒の形がしっかり残り、硬めの歯ごたえ。羊羹が柔らかめなので、食感がさらに引き立ちますね。

穏やかな甘さのこしあんに、小豆の力強い風味が加わり、奥深い味わいに。

あんこは粒あん派!という人におすすめの羊羹です。反対に、小豆の食感が苦手な方には少し食べにくいかと思います。

私は粒あんが大好きなのでとてもおいしくいただけました。

渋めの緑茶との相性はバツグンですよ。

芋ようかんが有名な「舟和」から、お土産にあえての煉羊羹を選んでみるのも、通っぽくて面白いかもしれません。

舟和 煉羊羹(小倉)を購入できる場所

「舟和」の一部店舗で購入できます。

公式サイトの店舗一覧のうち、取扱商品欄に「煉羊羹」と書いてある店舗で販売していますよ。

また、舟和オンラインショップで通販も行っています。

OMIYA!で紹介している舟和の商品一覧

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名舟和 煉羊羹(小倉)
内容量401〜500g
製造者株式会社 舟和本店 FU
製造者住所東京都台東区駒形1-9-5
原材料砂糖あん小豆寒天
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限5〜6ヶ月
保存方法直射日光を避けて涼しいところで保存
箱の大きさ横 5.5cm × 奥行き 20.5cm × 高さ 3.8cm
名産地東京都浅草
販売場所東京駅浅草寺周辺
おみやげの種類羊羹・水羊羹
価格帯2,000円以内

通販サイトでお土産を探す

※ それぞれの通販サイトのページに移動しますが、必ずしも販売されているわけではありません。