船橋屋 元祖くず餅

船橋屋 元祖くず餅 外装
船橋屋 元祖くず餅 外装船橋屋 元祖くず餅 開封したところ船橋屋 元祖くず餅 中身
OMIYA!の写真について

おみやげのデータ

商品名船橋屋 元祖くず餅
内容量6個入り24個入り36個入り48個入り60個入り
製造者株式会社 船橋屋
製造者住所東京都江東区亀戸3-2-14
原材料小麦澱粉(国内製造)、糖蜜、きな粉(遺伝子組換えでない)、砂糖、水飴、黒糖、(一部に小麦・大豆を含む)
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限2日間
保存方法直射日光・高温多湿を避けて、室内の涼しい所で保存してください。
箱の大きさ横 16cm × 奥行き 16cm × 高さ 3.5cm
名産地東京都
販売場所東京駅千葉駅船橋駅吉祥寺駅錦糸町駅日暮里駅渋谷駅JR立川駅羽生PA大丸東京店松屋浅草小田急百貨店新宿店西武池袋本店東武百貨店船橋店東武百貨店池袋店東京ソラマチラゾーナ川崎
おみやげの種類和菓子
価格帯1,000円以内2,000円以内

船橋屋 元祖くず餅について

船橋屋は、1805年に創業した老舗の和菓子店。

そんな船橋屋の名物といえば、江戸時代から伝わる「元祖くず餅」です。

くず餅は、和菓子で唯一の発酵食品といわれていますよ。

船橋屋の元祖くず餅は、小麦澱粉を450日間じっくりと乳酸菌発酵させて作られた一品。もっちりとした弾力が楽しめます。

食べるときは、黒蜜ときな粉をたっぷりかけていただきましょう。

低カロリーで無添加のくず餅は、からだにやさしいスイーツとしても注目されています。

元祖くず餅を開封してみた

今回は、24切れ入りの小箱を購入してみました。ひと箱あたり1〜1.5人前です。

パッケージも淡い色合いで、落ち着いた雰囲気。中心には「元祖くず餅」と記されています。

船橋屋 元祖くず餅 パッケージ

箱を開けると、くず餅・黒蜜・きな粉が入っていました。箱のほぼ半分をくず餅が占めていますね。

船橋屋 元祖くず餅 開封したところ

黒蜜は船の形をした容器に入っていますよ。「船」橋屋とかけているのだとしたら、粋な計らいです。

船橋屋 元祖くず餅 黒蜜の容器

くず餅は透明なフィルムに包まれているので、まずはフィルムをはがしていきましょう。

船橋屋 元祖くず餅 フィルムをはがすところ

フィルムをはがすと、乳白色をしたくず餅が登場。

船橋屋 元祖くず餅 フィルムをはがしたあと

台形のくず餅が箱にみっちりと詰まっています。

くず餅の食べ方について

お皿にくず餅を盛りつけるときは、台形の向きを揃えるといい感じです。

船橋屋 元祖くず餅 お皿に出したところ

まずは、くず餅に黒蜜をかけていきましょう。

船橋屋 元祖くず餅 黒蜜をかけるところ

きな粉より先にかけることで、くず餅全体に黒蜜が行き渡りますよ。

船橋屋 元祖くず餅 黒蜜をかけたところ

黒蜜をかけたあとは、きな粉をお好みでふりかけます。

船橋屋 元祖くず餅

食べるときは、スプーンがおすすめ。

くず餅・黒蜜・きな粉を同時にすくえるので、それぞれのおいしさを逃すことなく味わえます。

元祖くず餅を食べた感想

とろりとした黒蜜にたっぷりのきな粉をのせたくず餅は、なんとも食欲をそそられる見た目。艶やかに輝く黒蜜が美しいですね。

食べるときは、きな粉がこぼれないようにそっとすくいあげましょう。

スプーンですくってみると、くず餅ならではのもっちりとした弾力を感じました。

船橋屋 元祖くず餅 スプーンですくったところ

くず餅を食べてみると、期待を裏切らないもちもち具合。噛むたびに、やや歯ごたえのある食感が楽しめますよ。

黒蜜は濃厚でありながらも、ちょうどいい甘さ。香ばしいきな粉との相性もバッチリです。

船橋屋 元祖くず餅 アップ

くず餅自体は甘くないので、後味もさっぱりとしています。気づけば、あっという間に1人前の量を食べてしまいました。

食べ応えはあるのに低カロリーなので、お腹いっぱい食べても罪悪感がありません。

ダイエット中のおやつにもよさそうですね。

カロリーと栄養成分表示について

黒蜜をかけて食べるので、カロリーがどれくらいなのか気になるところですね。

元祖くず餅のカロリーや栄養成分表示についてまとめてみました。

元祖くず餅の栄養成分表示(1箱24切あたり)
エネルギー579kcal
たんぱく質7.2g
脂質5.2g
炭水化物128.1g
食塩相当量0.1g

元祖くず餅は一箱あたり579kcalです。

24切れで579kcalなので、1切れあたり約24kcalですね。

1人前(9切れ)でも194kcalと低カロリー。あまりカロリーを気にすることなく、お腹いっぱい食べられます。

元祖くず餅の原材料表示

元祖くず餅の原材料は以下の通り。

小麦澱粉(国内製造)、糖蜜、きな粉(遺伝子組換えでない)、砂糖、水飴、黒糖、(一部に小麦・大豆を含む)
船橋屋 元祖くず餅 原材料

小麦・大豆を含んでいるので、アレルギーがある場合は注意してくださいね。

消費期限や日持ちは?

元祖くず餅の消費期限は2日間。

日持ちは短いため、すぐ渡せる相手へのお土産に向いています。

保存方法は常温で

元祖くず餅は、常温で保存しましょう。

冷蔵庫に長く入れておくと固くなって風味が落ちてしまうため、涼しいところで保管することをおすすめしますよ。

また、お餅がパサパサになってしまうので、冷凍保存も向いていません。

夏場は、食べる1〜2時間前に冷やすとおいしくいただけます。

元祖くず餅の値段について

元祖くず餅をお土産にしようと思ったとき、何個入りのものがあるのか気になるところですね。

個数と値段は以下の通り。(税込価格)

  • カップ 1人用(6切れ):450円
  • 小箱 1~1.5名用(24切れ):790円
  • 中箱 2〜3名用(36切れ):895円
  • 大箱 4〜5名用(48切れ):1,200円
  • 特箱 6〜7名用(60切れ):1,500円

箱入りの個数が選べるので、お土産から贈答用まで対応できます。

元祖くず餅が買える場所

元祖くず餅は、船橋屋の各店舗で買えます。

主な店舗は以下の通り。

  • 亀戸天神前本店
  • こよみ広尾店
  • 亀戸支店
  • 柴又帝釈天参道店

また、百貨店や駅ビルなどにも店舗があります。

詳しくは、船橋屋の店舗紹介をチェックしてみてくださいね。

通販もできます

船橋屋の元祖くず餅は、通販でも買えますよ。

お取り寄せして、自宅用のおやつとして楽しむのもいいですね。