福壽堂秀信 季の花 抹茶 ・季乃つゆ 葛あずき

季の花 抹茶 ・季乃つゆ 葛あずき 外装写真
季の花 抹茶 ・季乃つゆ 葛あずき 外装写真季の花 抹茶 ・季乃つゆ 葛あずき 開封写真季の花 抹茶 ・季乃つゆ 葛あずき 中身の写真

福壽堂秀信 季の花 抹茶・季乃つゆ 葛あずきについて

福壽堂秀信(ふくじゅどうひでのぶ)は、大阪の南地宗右衛門町で昭和23年に創業したお店。
元々格式の高い花街である南地宗右衛門町で、長年にわたり美味しい和菓子を作り続けてきました。

そんな福壽堂秀信で販売されているのが、「季の花 抹茶」と「季乃つゆ 葛あずき」。

季の花 抹茶は、抹茶の風味と吉野本葛の味わいを楽しむことのできる抹茶餡入りで、季乃つゆ 葛あずきはつるっとした口当たりの羊羹に小豆を散らした和菓子です。

店舗は関西のみですが、オンラインショップの取り扱いがあるため、それ以外の地域の方でも購入しやすいですよ。

福壽堂秀信 季の花 抹茶 ・季乃つゆ 葛あずきの販売期間は?

季の花 抹茶・季乃つゆ 葛あずきは、毎年販売されている期間限定の商品。

それぞれ販売時期は異なりますが、両方売られている時期(4月中旬~5月下旬)には2種類がセットになったものが店頭に並んでいます。

  • 季の花 抹茶 (販売期間 : 2月下旬~5月下旬)
  • 季乃つゆ 葛あずき (販売期間 : 4月中旬~8月下旬)

もちろんそれぞれでも購入可能で、組み合わせる個数も自由に選ぶことが可能ですよ。

季の花 抹茶の販売が終わると、季乃つゆ 日向夏 (販売期間 : 6月上旬~8月下旬)の販売が始まります。

福壽堂秀信 季の花 抹茶 ・季乃つゆ 葛あずきを食べた感想

どちらもつるりとした食感で、食欲のない時でも食べやすいです。

それぞれ食べた感想について紹介しますね。

季の花 抹茶

季の花 抹茶 は、抹茶餡を抹茶味の葛羹で包んであり、パッケージを開けた時から抹茶の香りが広がります。

さらっと食べられますが、下の方に抹茶餡が詰まっており食べ応えもバツグン。苦すぎずほんのり甘い風味が丁度良いです。

吉野本葛を使用しているため高級感もあり、ゆっくりと味わいたい和菓子だと感じました。

季乃つゆ 葛あずき

季乃つゆ 葛あずきは、透明感のある羊羹にふっくらとした綺麗な小豆がたくさん入っています。

羊羹のつるっとした食感だけでなく、小豆の歯ごたえも楽しむことができて少し面白い食感。

のど越しのよい、葛の上品な甘さが癖になる涼やかな和菓子です。

福壽堂秀信 季の花 抹茶 ・季乃つゆ 葛あずきの価格

  • 5個入り:1,080円(税込)
  • 10個入り:2,160円(税込)
  • 15個入り:3,240円(税込)
  • 20個入り:4,320円(税込)
  • 25個入り:5,400円(税込)

福壽堂秀信 季の花 抹茶 ・季乃つゆ 葛あずきを購入できる場所

店舗一覧はこちらですが、全ての店舗で季の花 抹茶 ・季乃つゆ 葛あずきを扱っているかは不明です。

確実に購入したい場合は、販売期間内に以下のお店からご購入ください。

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名福壽堂秀信 季の花 抹茶 ・季乃つゆ 葛あずき
内容量5個入り10個入り15個入り20個入り25個入り
製造者株式会社 福壽堂秀信
製造者住所大阪市中央区宗右衛門町3番14号
原材料【季の花 抹茶】水飴、砂糖、大手亡豆、抹茶、寒天、葛粉、トレハロース、ゲル化剤(増粘多糖類)、【季乃つゆ 葛あずき】水飴、砂糖、小豆、葛、寒天、トレハロース、ゲル化剤(増粘多糖類)
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限約20日
保存方法直射日光・高温多湿を避けてください。
箱の大きさ横 24cm × 奥行き 9cm × 高さ 4.5cm
名産地大阪府大阪
販売場所大丸心斎橋店
おみやげの種類羊羹・水羊羹
価格帯2,000円以内3,000円以内4,000円以内5,000円以内5,000円超

通販サイトでお土産を探す

※ それぞれの通販サイトのページに移動しますが、必ずしも販売されているわけではありません。