鶴屋吉信 福ハ内

福は内 外装
福は内 外装福は内 開封福は内 中身

鶴屋吉信 福ハ内とは

鶴屋吉信四代主人・稲田儀三郎が19歳の時に、五条通りで枡を手に豆をまく少女の姿を見て創案した「福ハ内」。

以来、“ますます繁盛”と縁起が良い と喜ばれ、恒例の節分菓として114年の長い間、愛される人気商品です。

福ハ内が入っているのは、「福」の焼印入りの秋田杉の木箱。

その上には真っ白な掛紙と本水引。

福が訪れますようにと願いが込められた桝を表す木箱に入った姿は、何とも凛々しいですよね。

この木箱には食べる前から楽しんで欲しいという思いが込められています。

日本では昔から縁起をかつぐものとして昔から用いられてきました。

木枡は上から見ると、4つの角が全て、「入の字」に組まれ、「大入」や「入れマス」といった意味が込められているそう。

日本の趣深さを感じることができますね。

5個入りから45個入りまで6種類の用意があるので、贈る方に合わせて選ぶことが出来ます。

送った方自身も幸せな気持ちになれるお菓子だなと思いました。

*鶴屋吉信の「よし」は、正しくは土に口と書く「よし」です。スマートフォンの機種によっては正常に反映されないため「吉」としています。

鶴屋吉信 福ハ内を食べてみて

福は内 中身2

鮮やかな黄金色は玉子の黄身の色。

しっとり柔らかな「桃山生地」に、ほどよく炊き上げた備中白小豆と手亡豆のやさしい甘さの白あんが包まれています。

ほろっと滑らかなあんこが口の中に広がります。

(桃山生地:白餡に卵黄、水飴、葛や寒梅粉をいれて、焼き上げたもの。)

おたふくの形で、ふっくらと微笑んでいる様子はこちらまで笑顔になれそう。

食べるのが惜しいですよね。

上品な甘さはお茶だけでなくコーヒにもぴったり。

寒い冬から春に向けて、新しい季節をほっこりとする気持ちで迎えられそうです。

鶴屋吉信 福ハ内の価格

  • 5個入 1,134円 (紙箱入)
  • 8個入 2,160
  • 13個入 3,240
  • 21入個 4,320
  • 32入個 6,480円 (要予約)
  • 45個入 8,640円 (要予約)

*全て税込価格

*12月1日~2月3日までの販売。5個入りのみ1月8日~2月3日

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名鶴屋吉信 福ハ内
内容量5個入り8個入り13個入り21個入り32個入り45個入り
製造者鶴屋吉信
製造者住所京都市上京区今出川堀川西船橋町340
原材料生あん(手亡、白小豆)、砂糖水飴寒梅粉寒天トレハロースクチナシ色素
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限製造日より25日
保存方法直射日光・高温多湿を避けて保存
箱の大きさ横 13cm × 奥行き 13cm × 高さ 6.3cm
名産地京都府
販売場所大丸東京店大丸梅田店藤崎本店阪急うめだ本店伊勢丹府中店伊勢丹立川店伊勢丹浦和店岩田屋本店井筒屋小倉店京王百貨店聖蹟桜ヶ丘店丸広百貨店川越店銀座三越仙台三越小田急百貨店町田店小田急百貨店新宿店さいか屋藤沢店西武池袋本店そごう川口店そごう大宮店そごう横浜店いよてつ高島屋髙島屋京都店髙島屋日本橋店髙島屋岡山店髙島屋大宮店高島屋大阪店髙島屋洛西店髙島屋堺店高島屋新宿店髙島屋立川店高島屋高崎店髙島屋玉川店髙島屋横浜店天満屋岡山店東急百貨店吉祥寺店東急百貨店たまプラーザ店鶴屋百貨店
おみやげの種類桃山和菓子
価格帯3,000円以内

通販サイトでお土産を探す

※ それぞれの通販サイトのページに移動しますが、必ずしも販売されているわけではありません。