復刻版 赤福餅

復刻版赤福餅 外装
復刻版赤福餅 外装復刻版赤福餅 開封写真復刻版赤福餅 開封写真

復刻版 赤福餅について

餅の上にこしあんをのせた三重県の伊勢名物「赤福餅」の復刻版。

かつて製造販売されていた黒砂糖あんの赤福餅で、復刻版としてお伊勢さん菓子博2017で登場しました。

菓子博限定として、会場でのみ販売された貴重な赤福餅なのです。

復刻版 赤福餅を食べた感想

2017年4月から5月にかけて三重県伊勢市で開かれた、お伊勢さん菓子博2017にて購入しました。

菓子博限定販売でしたので、とても貴重な一品。
黒砂糖が使用されているため、通常の赤福餅よりも色が黒いです。

ねっとりしたこしあんともっちりしたお餅のバランスが絶妙です!
黒砂糖あんがとても濃厚で、白砂糖の赤福餅よりも深い甘みを感じます!

あんがたっぷり乗っていて食べごたえ十分。
1つではもの足りず、あっという間に2つをペロッと食べ終わりました。

ちなみに同封されているへらで豪快に一口で食べるのが、赤福餅を美味しく食べるコツですよ。

赤福本店は早朝5時から営業している

赤福餅で大変有名な赤福は、創業1707年の老舗和菓子店。

三重県伊勢市にある本店の営業開始時間はなんと早朝5時なんですよ。
朝一のつくり立ては格別の美味しさがあり、お店の縁側で五十鈴川の景色を眺めながら食べると大変趣があります。

わたしは菓子博に参加した翌日、朝一赤福餅をいただきました。
開店直後であったためか、お店のあるおはらい町通りと店内にはお客さんがおらず貸しきり状態。

2つで210円(お茶付き)の赤福餅を美味しくいただきました。
出来立ては、あんがより濃厚で香ばしさがありましたよ。

伊勢旅行の際はぜひ赤福本店で赤福餅を食べるのをおすすめします!

参考:通常の赤福餅についての記事はこちら

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名復刻版 赤福餅
内容量12個入り
製造者株式会社 赤福
製造者住所三重県伊勢市宇治中之切町二六番地
原材料砂糖食塩加工黒糖もち米(国産)小豆(北海道産)、糖類加工品(大豆を含む)
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限2日間
保存方法直射日光のあたる場所・高温多湿な場所での保管はお避けください。
箱の大きさ横 18.2cm × 奥行き 11.0cm × 高さ 3.0cm
名産地三重県
おみやげの種類和菓子
価格帯2,000円以内

通販サイトでお土産を探す

※ それぞれの通販サイトのページに移動しますが、必ずしも販売されているわけではありません。