ぬまづ花見煎餅 fujisen

ぬまづ花見煎餅 fujisen 外装
ぬまづ花見煎餅 fujisen 外装ぬまづ花見煎餅 fujisen 開封した写真ぬまづ花見煎餅 fujisen 中身の写真

ぬまづ花見煎餅 fujisenとは?

明治40年創業のぬまづ花見煎餅が手がける、富士山の形をしたおせんべいです。

とても小さなお煎餅で約4×3cmという一口サイズ。

富士山の形をした醤油味のおせんべいに、冠雪をイメージした砂糖が山頂部分にかぶせられています。

ぬまづ花見煎餅のある沼津市は様々な富士山が見えることでも有名。

松林と共に富士山を見ることができる「千本松原」。

東海道五十三次で有名な歌川広重が描いた富士山が有名な「浮島」。

沼津には富士山を眺める絶景スポットがたくさん。

そんな沼津のお土産としてfujisenはピッタリですね。

一口サイズのおせんべいは個別包装されているので、いつでもパリッとした新鮮なおいしさを楽しめます。

職場などへのお土産にもぴったり。

商品ラインナップは以下の3種類です。

  • fujisen 筒袋入り(18枚):486円
  • fujisen 箱入り(26枚):864円
  • fujisen 桐箱入り(13枚):2,052円

ぬまづ花見煎餅 fujisenを食べた感想

富士山の形をした一口サイズのお煎餅。
冠雪した富士山をイメージしたその姿はとてもかわいらしいです。

カリッと焼きあがったお煎餅を手に取るととても軽く、指先から伝わってくる触感からは食べた時のカリッとした食感がイメージできます。

お煎餅からは香ばしい醤油の香り。
この香りでとても心安らかな気持ちになりますね。

富士山の頂上に積もった雪。
これは砂糖で表現されていますよ。

小さな富士山は一口で口の中に。

ザクザクという音を立てて食べるお煎餅は本当においしいです。醤油の香ばしい香りと塩気。

そして、富士山の雪の甘さが混じり合うとまた違ったおいしさに。

甘塩っぱい味は子どものころから大好きでよく食べていました。大人になった今でも大好きな味です。

ちなみに原材料には梅干と書かれていたのですが、梅干しの味は全く感じませんでした。

とても素朴な味ですが、とても懐かしく感じるお煎餅です。

ぬまづ花見煎餅 fujisenが買える場所

ぬまづ花見煎餅 fujisenは、花見煎餅やその他取扱店舗、オンラインショップで購入できます。

  • 花見煎餅:静岡県沼津市下本町28
  • 沼津御用邸記念公園
  • 静岡伊勢丹B1ふるさと村
  • イトーヨーカ堂沼津・三島店(夏季、年末年始)
  • コリドー富士
  • 沼津みなと新鮮館「JA南駿」
  • 沼津ぐるめ街道 味工房内「NUMAiZU」
スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名ぬまづ花見煎餅 fujisen
内容量13個入り18個入り26個入り
製造者有限会社 花見煎餅
製造者住所静岡県沼津市常盤町3-11-4
原材料うるち米(国産米)、醤油(大豆、小麦を含む)砂糖味醂卵白、梅干、調味料(アミノ酸等)
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限約2ヶ月
保存方法直射日光・高温多湿を避け涼しい場所に保管して下さい。
箱の大きさ横 13.0cm × 奥行き 3.2cm × 高さ 23.7cm
名産地静岡県
販売場所静岡伊勢丹
おみやげの種類せんべい
価格帯1,000円以内2,000円以内

通販サイトでお土産を探す

※ それぞれの通販サイトのページに移動しますが、必ずしも販売されているわけではありません。