御菓子処 藤むら 開菓

藤むら 開菓 外装
藤むら 開菓 外装藤むら 開菓 開封した写真藤むら 開菓 中身の写真

藤むら 開菓について

長野県松本市に旧開智学校という、明治時代初期に作られた校舎があります。

文明開化時代の小学校建築を代表する建物としても知られていますよ。

今回ご紹介するのは、そんな旧開智学校をモチーフにした「開菓」というお菓子。

白あんに杏、くるみ、松本産えごまの実をたっぷりと入れ、ソフトクッキー生地で包んだ一品になっています。

手がけているのは松本市にお店を構える御菓子処 藤むらです。

開菓は松本スイーツコンテスト2017において、おみやげ部門のグランプリにも輝いたことがあるお菓子。

個包装されているので、お土産としても配りやすいですよ。箱入りの個数も、8個・12個入りから選べます。

藤むら 開菓ってどんな味?おすすめの食べ方や食べてみた感想

パッケージにも旧開智学校が描かれているので、松本土産にぴったり!

個包装されているだけでなく、ひとつずつ小さなトレーに入っているので、型崩れする心配もありません。

どんな味がするんだろう?とドキドキしながら、包みを開いてみました。

食べやすい大きさが魅力的

開菓は、かわいらしいひとくちサイズのお菓子。

ころんっとした見た目は眺めているだけでも癒されますね。

藤むら 開菓 杏アップ

上にちょこんとあしらわれた杏がアクセントになっています。

まわりはクッキー生地になっているので、さっくりとした軽い食感。

中へいくと白あんに行き当たるため、しっとりとした食感に変わっていきます。

4種類の異なる素材が生み出すクセになる味わい

藤むら 開菓 中身の写真 アップ

白あん・杏・くるみ・えごまの実という、それぞれ食感も味もちがう4種類の組み合わせなのに、不思議と味がけんかしていません。

なめらかな白あんの甘さ、杏の甘酸っぱさ、くるみとえごまの香ばしさ、どれもが絶妙なバランスで成り立っています。

特に、杏のおかげで爽やかな甘さのお菓子に仕上がっているように感じました。

ほかではなかなか味わえないお菓子だと思います。

松本を訪れた際は、旧開智学校を観光ついでに開菓をお土産にしてみてはいかがでしょうか。

藤むら 開菓の販売店や通販について

藤むらのお菓子は、御菓子処 藤むら本店のほか、藤むらのオンラインショッピングでも購入できます。

松本まで買いに行くのが難しい場合でも、オンライン注文ができますよ。

ちなみに、藤むらの店舗情報は以下の通り。

  • 住所:長野県松本市中央2-9-19
  • 電話:0263-32-1421
  • 営業時間:9:00~18:00
  • 定休日:水曜日

電話での注文、地方発送も可能ですよ。

藤むら 開菓の内容量・値段

  • 8個入り:1,590円
  • 12個入り:2,360円

OMIYA!で紹介している藤むらの商品一覧

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名御菓子処 藤むら 開菓
内容量8個入り12個入り
製造者(有)藤むら
製造者住所長野県松本市中央2-9-19
原材料小麦粉バター砂糖白餡胡桃、えごまの実、香料膨張剤
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限約1ヶ月
保存方法開封後はお早めにお召し上がりください。
箱の大きさ横 14.2cm × 奥行き 28.0cm × 高さ 4.0cm
名産地長野県松本
おみやげの種類焼き菓子
価格帯2,000円以内3,000円以内

通販サイトでお土産を探す

※ それぞれの通販サイトのページに移動しますが、必ずしも販売されているわけではありません。