エシレ エクレール・ナチュール

エシレ エクレール・ナチュール 外装
エシレ エクレール・ナチュール 外装エシレ エクレール・ナチュール 開封エシレ エクレール・ナチュール 中身

エシレ エクレール・ナチュールについて

今やフランス産発酵バターの代名詞ともいえる「エシレバター」。

今から120年以上も前、1894年にフランス中西部ポワトゥー・シャラント地方のエシレ村で誕生しました。

クリームを乳酸発酵させてから作る発酵バターは、ヨーグルトのような軽い酸味と芳醇な香りが特長です。

またエシレバターのクリーミーな口当たりは、昔ながらの木製チャーン(撹拌機)を使用した、伝統的な製法を守り続けることで生み出されたもの。

そんなエシレバターをふんだんに使った焼菓子などを販売する専門店は、日本では東京と大阪の2店舗のみ(2017年8月時点)です。

どちらのお店もコンセプトが異なり、その店舗でのみ購入できる限定商品がいくつかあります。

今回紹介する「エシレ エクレール・ナチュール」も、大阪店限定商品の一つ。

阪急うめだ本店地下2階にある「エシレ・マルシェ オ ブール」でのみ購入できますよ。

ただしこちらのエクレールは、販売日時や数量が限定されているので要注意です。

販売日時:第一・三週目、金曜・土曜の月4回。10時開店から。

数量:1日30箱限定

バラ売りはなく、1箱に5個入りのセット販売で1,750円(税別)です。

このお店一番人気の「エシレ オムレット」に比べると、常に行列ができているわけではないようなので、販売日の午前中に行けばまだ購入できそうでしたよ。

販売日が月に4日のみという特別感のあるスイーツなので、頑張った自分へのご褒美としてや、大切な方への手土産としても喜ばれそうですね。

エシレ エクレール・ナチュールを食べた感想

長さ 12cm、幅 3cm、高さ 3cm。

その小ぶりなフォルムは、女性が手に持ち、口へと運ぶ姿さえも美しく見せてくれます。

シュー生地の上にはバタークリームが塗られ、中には焦がしバターを混ぜ込んだカスタードクリームが、隙間なくたっぷりと詰め込まれていました。

生地はサクッと小気味よい歯ざわり。

上に塗られたバタークリームからは、エシレバターの特長でもあるほのかな酸味と芳醇な香り、そして滑らかな口当たりを味わうことができます。

中に詰められたカスタードクリームからは、焦がしバターの風味豊かで濃厚な味わいを楽しむことができます。

この2種のクリームを存分に味わうには、冷蔵庫から出してすぐではなく、少し室温に慣らしてから食べるのがオススメ。

保存は要冷蔵ですが、冷蔵庫から出してすぐ食べると、バター含有率が高いせいか、バタークリームもカスタードクリームも固いままで、エシレバター本来の味わいを感じることはできませんでした。

また消費期限ですが、「エシレ エクレール・ナチュール」は製造日当日限りとなっているのでご注意ください。

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名エシレ エクレール・ナチュール
内容量5個入り
製造者株式会社阪急阪神百貨店 阪急うめだ本店 エシレ・マルシェ オ ブール
製造者住所大阪府大阪市北区角田町8番7号
原材料小麦粉砂糖バター牛乳食塩加糖卵黄
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限製造日当日
保存方法要冷蔵(10℃以下)で保存して下さい。なるべくお早めにお召し上がり下さい。
箱の大きさ横 23.5cm × 奥行き 12cm × 高さ 5cm
名産地大阪府
販売場所阪急うめだ本店
おみやげの種類洋生菓子
価格帯2,000円以内

通販サイトでお土産を探す

※ それぞれの通販サイトのページに移動しますが、必ずしも販売されているわけではありません。