えびな菓子舗 白鷹あゆさぶれ

えびな菓子舗 白鷹あゆさぶれ外装
えびな菓子舗 白鷹あゆさぶれ外装えびな菓子舗 白鷹あゆさぶれ開封後えびな菓子舗 白鷹あゆさぶれ中身

えびな菓子舗 白鷹あゆさぶれとは

白鷹あゆさぶれは、「日本一のヤナ場」があることで有名な、山形県白鷹町(しらたかまち)のお菓子。
白鷹町荒砥(あらと)に店舗を構える、えびな菓子舗が製造・販売しています。

自家製の味噌を加えて焼き上げた香ばしいサブレで、最上川の鮎をモチーフにしていますよ。

おなじ白鷹町の鮎のお菓子として、和菓子ぬまざわの「白鷹あゆサブレ」もあります。

「ヤナ場」「ヤナ漁」とは?

「ヤナ場」とは、鮎をとらえる際に使う「ヤナ漁」という仕掛けをほどこした場所のこと。
川の中に木・石・竹などで台を作って水をせきとめ、上流から泳いできた魚を追い込むのが「ヤナ漁」です。

白鷹町のヤナ場は、最上川に面した道の駅白鷹ヤナ公園にあります。
ここでは春〜秋までヤナ漁体験ができるほか、鮎の塩焼きや干し鮎といったおみやげ品も多く、白鷹あゆさぶれもその中のひとつですよ。

鮎のシルエットに中身が透けて見えるパッケージ

えびな菓子舗 白鷹あゆさぶれ開封後

オレンジがかった黄色の個包装に鮎を描き、そこから中のサブレが透けて見える、という仕掛け。

今回購入した5枚入りは簡易包装でしたが、かえって個包装が映えていいのではないかと思います。

キャッチコピーは「ピチピチ元気な最上川の若鮎さぶれ」。
水面で飛び跳ねる鮎をイメージさせる、明るい色合いが印象的ですね。

長さ約17cm!割れに注意

えびな菓子舗 白鷹あゆさぶれ中身

お菓子は一番長い部分で17cmほど。
サブレの下側に厚紙が入っていて、割れにくい工夫がされていますが、一部尾びれが欠けているものもありました。

表面には、さっと筆でなでたような茶色いラインが見えています。

これは味噌を塗ってあるもので、ほんのり甘じょっぱい味噌の風味がポイントです。

えびな菓子舗 白鷹あゆさぶれを食べてみた感想

サブレそのものはやや白めで、あまり固さがありません。
ザクザク、というよりはほろほろとした食感でした。

バターと生クリームのコク、やさしい甘味の中に、ふんわりと味噌が香ります。
白ごまが入っているためかプチプチとした食感もあり、和風の雰囲気も感じますね。

味噌を練り込んでいるとはいえ、決して味わいはきつくなく、大きめのお菓子ですがぺろりと食べられてしまいます。

やや喉がかわくので、牛乳やコーヒーと一緒にいただくのがおすすめです。

えびな菓子舗 白鷹あゆさぶれの賞味期限

白鷹あゆさぶれの賞味期限は、製造日から計算すると約2ヶ月ほど。

お菓子としては、比較的日持ちが長めなので安心ですね。

えびな菓子舗 白鷹あゆさぶれの値段と個数

えびな菓子舗の白鷹あゆさぶれは、5枚入りと12枚入りがあります。それぞれ値段は以下の通りです。

  • 5枚入り:500円
  • 12枚入り:1,350円

えびな菓子舗 白鷹あゆさぶれが購入できる場所・通販について

えびな菓子舗の店舗や、道の駅白鷹ヤナ公園で購入できます。

通販の場合、えびな菓子舗のオンラインショップからお取り寄せできますよ。

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名えびな菓子舗 白鷹あゆさぶれ
内容量5個入り12個入り
製造者(株)えびな菓子舗
製造者住所山形県西置賜郡白鷹町荒砥乙549
原材料小麦粉砂糖バターショートニング白ごま水飴味噌生クリームみりん膨張剤香料(原材料の一部に大豆を含む)
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限2ヶ月
保存方法直射日光を避け、常温で保存してください。
箱の大きさ横 9cm × 奥行き 20.5cm × 高さ 6cm
名産地山形県
販売場所白鷹ヤナ公園
おみやげの種類サブレ
価格帯1,000円以内2,000円以内

通販サイトでお土産を探す

※ それぞれの通販サイトのページに移動しますが、必ずしも販売されているわけではありません。