川越菓舗 道灌 道灌まんじゅう

道灌まんじゅう 外装
道灌まんじゅう 外装道灌まんじゅう 開封後道灌まんじゅう 中身

川越菓舗 道灌 道灌まんじゅうとは

川越菓舗「道灌(どうかん)」は、川越でも有数の老舗和菓子店。

1921年(大正10年)創業と歴史は古く、”素材”と”手作り”にこだわった和菓子は、地元の人々に愛され続けています。

川越の人気観光スポット「川越城本丸御殿」の近くにある店舗は、その佇まいも魅力のひとつですよ。

▼道灌の店舗外観

川越菓舗 道灌 店舗外観

店名は室町時代の武将、太田道灌にちなんだもの。江戸城を築いた人物として有名ですが、川越城を築いたのもまた彼なのです。

▼お菓子を包む包装紙には、川越城の見取り図が描かれていました。

道灌まんじゅう 包装紙

川越菓舗「道灌」の名物といえば、お店の看板にも掲げられている「道灌まんじゅう」。

あんには北関東産の地小豆を、皮には玄米粉を使った、風味豊かなおまんじゅうです。

今回購入したのは9個入りの化粧箱。化粧箱はほかに15個入りがあります。

バラでひとつからも購入でき、簡易箱なら好きな数を詰めていただけますよ。

お店の中には無料で利用できる休憩スペースがあり、買ったばかりのお菓子をその場で味わうことができます。

川越城は駅からだいぶ距離がありますので、観光の途中におまんじゅうを食べてひと休み…なんてのも乙なものですね。

川越菓舗 道灌 道灌まんじゅうを食べてみた感想

直径5cmほどの小ぶりなおまんじゅう。

茶色くて見た目は温泉まんじゅうのようですが、食べてみると違いがわかります。

玄米粉でできた皮の風味が特徴的。ほうじ茶や玄米茶を思わせる、穀物を炒ったときの甘く芳ばしい香りが口の中に広がります。

モチっとやわらかい皮の中には、甘さひかえめの粒あんが。

あっさり上品な味わいながら、小豆の存在感はしっかり感じられます。

皮は薄すぎず厚すぎず、玄米粉の風味が楽しめるちょうどいい厚み。

あんとのバランスも絶妙で、甘すぎないのでふたつみっつと手が伸びてしまいます。

玄米粉と聞いてクセがあるのかとかまえていましたが、かすかにほろ苦い感じがある程度。芳ばしさだけが引き立っていてとても食べやすかったです。

日持ちは購入日を含め3日間。買ってすぐ食べた方が、しっとりもちもちの食感をより楽しめますよ。

川越みやげとして、また、川越観光の合間のおやつとして。川越城の近くへ来た際は、ぜひ味わってみてください。

川越菓舗 道灌 道灌まんじゅうを購入できる場所

川越菓舗「道灌」の店舗でのみ購入できます。(住所:埼玉県川越市郭町2-11-3)

現在のところ、通信販売などは行っていないようです。

OMIYA!で紹介している川越菓舗 道灌のお菓子一覧

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名川越菓舗 道灌 道灌まんじゅう
内容量1個入り9個入り15個入り
製造者(有)川越菓舗 道灌
製造者住所埼玉県川越市郭町2-11-3
原材料小豆、砂糖、小麦粉、玄米粉、小麦澱粉、餅粉、卵、膨張剤
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限3日
保存方法直射日光及び高温多湿をお避け下さい。
箱の大きさ横 20cm × 奥行き 20cm × 高さ 4.7cm
名産地埼玉県川越
おみやげの種類饅頭
価格帯1,000円以内2,000円以内