川越菓舗 道灌 芋クリームどら焼き

芋クリームどら焼き 外装
芋クリームどら焼き 外装芋クリームどら焼き 開封後芋クリームどら焼き 中身

川越菓舗 道灌 芋クリームどら焼きとは

川越菓舗「道灌(どうかん)」は、川越でも有数の老舗和菓子店。

1921年(大正10年)創業と歴史は古く、”素材”と”手作り”にこだわった和菓子は、地元の人々に愛され続けています。

川越の人気観光スポット「川越城本丸御殿」の近くにある店舗は、その佇まいも魅力のひとつですよ。

▼道灌の店舗外観

川越菓舗 道灌 店舗外観

店名は室町時代の武将、太田道灌にちなんだもの。江戸城を築いた人物として有名ですが、川越城を築いたのもまた彼なのです。

川越菓舗「道灌」といえば、「道灌まんじゅう」や「丁稚芋」が看板商品。

さらに、最近注目を集めているのが、今回紹介する「芋クリームどら焼き」です。

生クリームとバターを合わせた芋クリームをたっぷり挟んだどら焼きは、和洋折衷の味わい。

どら焼きなのに要冷蔵というのが珍しいですよね。

1個155円(税込)で、ひとつから購入できます。今回は3個を箱に入れていただきました。(箱代別途50円かかります。)

保冷剤を入れてくれるので、持ち歩き可能時間は2時間ほど。日持ちは冷蔵で3日間です。

川越菓舗 道灌 芋クリームどら焼きを食べてみた感想

直径9cmほどと見た目はやや大きめのどら焼き。

中にたっぷりとクリームが挟んであり、皮にもクリームにも厚みがあってボリューム満点ですよ。

要冷蔵なので、冷蔵庫から出したての冷たい状態でいただきます。

ふわふわの皮に、ひんやり冷たい芋クリームが心地よい口当たり。

皮はふつうのどら焼きと違い、軽くて柔らかく、カステラに近い食感です。

クリームもふんわり軽く、なめらかな舌触り。お芋の風味たっぷりで、バターや生クリームのコクも感じます。

軽いのに奥深い味わい。これはおいしい…!

こっくりと甘いのですが、芋クリームがあまりにもおいしくて、あっという間にひとつ食べ切ってしまいました。

どちらかというと洋風の要素が強く、ケーキ感覚で食べられるどら焼きですね。コーヒーや紅茶と相性がいいですよ。

買った当日と翌々日(賞味期限日)で食べ比べてみたところ、当日のほうがクリームのふんわり感が楽しめました。やはり生菓子は出来たてが一番ですね。

和菓子屋さんで買う手みやげというと年配向けのイメージがありますが、この芋クリームどら焼きはむしろ若い人におすすめ。

老舗和菓子店が生み出す和と洋のコラボを、ぜひ味わってみてください!

川越菓舗 道灌 芋クリームどら焼きを購入できる場所

川越菓舗「道灌」の店舗でのみ購入できます。(住所:埼玉県川越市郭町2-11-3)

現在のところ、通信販売などは行っていないようです。

OMIYA!で紹介している川越菓舗 道灌のお菓子一覧

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名川越菓舗 道灌 芋クリームどら焼き
内容量3個入り
製造者(有)川越菓舗 道灌
製造者住所埼玉県川越市郭町2-11-3
原材料小麦粉砂糖さつまいも生クリームバター膨張剤
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限購入日を含め3日
保存方法直射日光及び高温多湿をお避け下さい。
箱の大きさ横 12cm × 奥行き 24cm × 高さ 4.5cm
名産地埼玉県川越
おみやげの種類和生菓子どら焼き
価格帯1,000円以内

通販サイトでお土産を探す

※ それぞれの通販サイトのページに移動しますが、必ずしも販売されているわけではありません。