川越菓舗 道灌 丁稚芋(でっちいも)

丁稚芋 外観
丁稚芋 外観丁稚芋 開封後丁稚芋 中身

川越菓舗 道灌 丁稚芋とは

川越菓舗「道灌(どうかん)」は、川越でも有数の老舗和菓子店。

1921年(大正10年)創業と歴史は古く、”素材”と”手作り”にこだわった和菓子は、地元の人々に愛され続けています。

川越の人気観光スポット「川越城本丸御殿」の近くにある店舗は、その佇まいも魅力のひとつですよ。

▼道灌の店舗外観

川越菓舗 道灌 店舗外観

店名は室町時代の武将、太田道灌にちなんだもの。江戸城を築いた人物として有名ですが、川越城を築いたのもまた彼なのです。

川越菓舗「道灌」といえば、看板商品「道灌まんじゅう」のほかに、川越名物さつまいもを使ったお菓子も多く取り揃えています。

その代表的なものが、今回紹介する「丁稚芋(でっちいも)」。

さつまいもの裏ごしと砂糖、小麦粉を練り上げた生地に、ぶつ切りにしたさつまいもの甘露煮を合わせて蒸し上げた、芋ようかんのような和菓子です。

竹の皮に直接包んで蒸し上げており、竹の皮ごと真空パックされた状態で売られていますよ。

日持ちは未開封で1週間ほど。価格は1本660円(税込)です。

川越菓舗 道灌 丁稚芋を食べてみた感想

「川越 道灌の丁稚芋がうまい!」と、甘いもの好きの知人が教えてくれて、かねてから気になっていました。

お店の外には「丁稚芋」ののぼりが立てられ、店内でも目立つところにありましたので、人気のお菓子なんだということがすぐに分かりましたよ。

包み紙を開けると、さらに真空パックされたお菓子が入っています。

▼ビニールを開け、竹の皮を開いたところがこちらの写真。竹の皮の香りがふわりと漂い、なんだか懐かしい気持ちに。

丁稚芋 開封後2

もちっと弾力のある生地は、それ自体にさつまいもの味わいがぎゅっとつまっています。

さらに、柔らかく煮たさつまいもがところどころに顔を出し、もっちりとホクホクの食感の違いが楽しい。

砂糖の甘みはごくひかえめにしているという印象。おいも本来の優しい甘さと風味が生きています。

生地はういろうに近い食感なのですが、ういろうほど弾力は強くなく、芋ようかんとういろうの中間くらいの歯ごたえですね。

芋好き、特に芋ようかん好きの私には大ヒット。

甘すぎないので1本まるごと食べられそうな勢いでした。(さすがに我慢しましたが…)

残りは乾燥しやすいので、竹の皮に戻すよりラップで包むほうがおいしさが保てますよ。

ふつうの芋ようかんとは一味違う、個性的な芋菓子「丁稚芋」。

芋好きならぜひ一度は味わっていただきたい、おすすめの川越みやげです!

川越菓舗 道灌 丁稚芋を購入できる場所

川越菓舗「道灌」の店舗でのみ購入できます。(住所:埼玉県川越市郭町2-11-3)

現在のところ、通信販売などは行っていないようです。

OMIYA!で紹介している川越菓舗 道灌のお菓子一覧

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名川越菓舗 道灌 丁稚芋(でっちいも)
内容量201〜300g
製造者(有)川越菓舗 道灌
製造者住所埼玉県川越市郭町2-11-3
原材料さつま芋白いんげん豆グラニュー糖小麦粉
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限購入日:2018年2月14日、賞味期限日:2018年2月20日
保存方法直射日光を避け、涼しい所で保管して下さい。
箱の大きさ横 9cm × 奥行き 23cm × 高さ 2.5cm
名産地埼玉県川越
おみやげの種類和菓子羊羹・水羊羹
価格帯1,000円以内

通販サイトでお土産を探す

※ それぞれの通販サイトのページに移動しますが、必ずしも販売されているわけではありません。