大国堂 ヒバゴンのたまご

大国堂 ヒバゴンのたまご 外装1
大国堂 ヒバゴンのたまご 外装1大国堂 ヒバゴンのたまご 開封大国堂 ヒバゴンのたまご 中身2

ヒバゴンのたまごついて

菓子店「大国堂」のヒバゴン

ヒバゴンのたまごを製造するのは、広島県北部にある庄原市の西部、西城町の大国堂という菓子店です。

地元密着の営業をしながら、オンラインショップで商品販売も行っています。

ヒバゴンのたまごはUMA騒動で生まれたお菓子

大国堂 ヒバゴンのたまご 外装2

「ヒバゴン」とは、庄原市北部にある比婆山で、1970年代に相次いで目撃されたUMA(未確認動物)のことです。

類人猿のような姿で全身毛むくじゃら、2足歩行をしていたそうです。

一躍世間で話題となり、地元の西城町役場(現 庄原市)には専門の部署まで設置されていました。

そんなヒバゴンの卵をイメージしてつくられたお菓子が「ヒバゴンのたまご」なのです。

ヒバゴンは類人猿のような動物なので、卵は産まない可能性が高いですが、あえて卵という発想のお菓子を考案したのはユニークですね。

なお、ヒバゴンは1970年代後半には目撃されなくなり、1980年代に入ると完全に騒動は終息しました。

大国堂では、終息後も現在までヒバゴンのたまごを製造しており、同社の人気商品になっています。

ヒバゴンのたまごの包装

大国堂 ヒバゴンのたまご 外装1

外装にはヒバゴンのかわいくデフォルメされたイラストが描かれていて、印象的です。

外装をはがすと、時限爆弾が入っているような「DANGER」と書かれた木箱風の箱。

一部が壊れて中から目が見えている演出がとてもユニークですね。

大国堂 ヒバゴンのたまご 開封

箱をあけると、お菓子は1個ずつ袋に入っていて、包装にはヒバゴンのイラストが描かれていました。

「ヒバゴン新聞」が入っていて、ヒバゴンに関するいろんな情報が書かれていて、ユニークですよ。

ヒバゴンのたまごの特徴

ヒバゴンのたまごの大きさは、直径約4.3cm、高さ約2.5cmです。

ドーム型をした饅頭で、 濃い焦茶色をしています。
表面は少し艶があり、すべすべとしたさわり心地でした。

ヒバゴンのたまごの賞味期限は30日

ヒバゴンのたまごはの賞味期限は、未開封の状態で30日です。常温で保存してください。

ヒバゴンのたまごってどんなお菓子?食べてみた感想

ヒバゴンのたまごの生地はココア風味

大国堂 ヒバゴンのたまご 中身3

割ってみると、生地はきめ細かいです。
中には生成色の白あん、さらにその中央に薄黄色のさつま芋あんが入っていました。

ゆで卵をイメージしているようです。

生地はココア風味で、強めのココアの味がしました。
白あんは、ねっとりとした舌触りで、まろやかな甘さです。

食べた後は、ココアの余韻が残りましたよ。

ヒバゴンのたまごの個数・価格・販売店について

ヒバゴンのたまごは、庄原市西城町にある大国堂の店舗で購入できます。

大国堂のオンラインショップでお取り寄せも可能ですよ。

ヒバゴンのたまごの個数・価格

ヒバゴンのたまごの入数・価格は以下の通りです。

5個入650円 (税込)
8個入1,040円 (税込)
12個入1,560円 (税込)

OMIYA!で紹介している大国堂のお菓子一覧

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名大国堂 ヒバゴンのたまご
内容量5個入り8個入り12個入り
製造者大国堂
製造者住所広島県庄原市西城町西城103
原材料小麦粉白餡増粘多糖類練乳、さつま芋(鳴門金時)、鶏卵ココアマーガリントレハロース、膨張剤(大豆由来、原材料を含む)
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限30日(未開封)
保存方法常温(未開封)
箱の大きさ横 13.5cm × 奥行き 23.5cm × 高さ 6cm
名産地広島県庄原
おみやげの種類饅頭和菓子
価格帯1,000円以内2,000円以内

通販サイトでお土産を探す

※ それぞれの通販サイトのページに移動しますが、必ずしも販売されているわけではありません。