チルコドーロ いちごみるく

チルコドーロいちごみるく外装写真
チルコドーロいちごみるく外装写真チルコドーロいちごみるく開封写真チルコドーロいちごみるく中身写真

チルコドーロ いちごみるく

「いちごみるく」は、大阪にある手作りジェラート専門店チルコドーロが手がけるアイス。

いちご味のシャーベットとミルク味のジェラート「クリーミィクリーミィ」が組み合わせっています。
一度に2つの味を楽しめるので、お得感を味わいたいという人にもおすすめの一品です。

チルコドーロとは

チルコドーロは、大阪中央区谷町7丁目にある手作りジェラート専門店。

お店を始めるきっかけになったのは、店主の方がイタリアで行われたジェラテリア(イタリア語でアイスクリーム屋さん)の徹底研修ツアーに参加したときに、イタリアに根付くジェラート文化に感動して、「日本にジェラートを広めたい」と思ったからなんだとか。

ちなみに、このとき2週間で40軒のジェラートショップを食べ巡ったそうです。

「ジェラート」とは、イタリア語でアイスクリームのことで、シャーベットやソルベも全て含まれます。

チルコドーロでは牛乳を使ったクリームタイプと、果物と水、 砂糖で作ったシャーベットタイプの2種類のジェラートを販売中。

2011年にはイタリアのジェラートコンテストで4位に入賞、2018年にはジェラート日本選手権課題部門1位を受賞した実力店ですよ。

今までに紹介されたことのあるメディアは、以下の通り。

  • このへん!!トラベラー!!
  • 大阪人Vol.65 特集谷町筋
  • じゃらん お得に遊ぶ♪大阪
  • 関西girl’s styleJ228号
  • 定番!大人のスイーツ関西版
  • 女性自身
  • ごきげんブランニュ
  • ホップ!ステップ!シャンプー
  • おはよう朝日です など他多数

いちごみるくの価格・購入場所

いちごみるくの価格は、100ml入りで486円(税込)です。
今回は、オンラインショップで購入しました。

チルコドーロ いちごみるくを食べた感想

まず、いちごのシャーベットから食べてみると、つぶつぶとしていて、少しシャリッという食感でした。

いちごの甘酸っぱい味はあっさりとしていて、後味もさっぱり。
一方、ミルク味のジェラートはミルクの味がしっかりと感じる、甘めのジェラートです。

なめらかな食感で、まろやかな味わい。

いちごのシャーベットと一緒に食べると、いちごの酸味とミルクの甘みが混ざって、よりまろやかで、さっぱりとした味を楽しめましたよ。

店頭にはお持ち帰り用のカップアイスが常時20種類以上あるので、手土産にもおすすめ。
また、オンラインショップもあるので、お中元のギフトにチルコドーロのジェラートをチョイスするのも良さそうです。

おすすめの食べ方

ジェラートが一番おいしく食べられるのは、スプーンで練るほどのやわらかさのとき。
そのため、冷凍庫から出して食べるときには、やわらかくなるまで10~15分ほど置いておくのがおすすめです。

「すぐに食べたい」という人は、ふたを外してレンジで10~20秒あたためるといいですよ。
空気を含ませるようによく混ぜると、味も香りも格段に変わるので、ぜひ試してみてくださいね。

OMIYA!で紹介しているチルコドーロの商品一覧

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名チルコドーロ いちごみるく
内容量1個入り
製造者有限会社チルコドーロ
製造者住所大阪市中央区谷町7-3-4-114
原材料牛乳いちご乳製品砂糖レモントレハロース乳化安定剤(増粘多糖類)、原材料の一部に大豆使用
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
保存方法-18℃以下で保存下さい
箱の大きさ横 7.5cm × 奥行き 7.5cm × 高さ 5.5cm
名産地大阪府
おみやげの種類アイス
価格帯1,000円以内

通販サイトでお土産を探す

※ それぞれの通販サイトのページに移動しますが、必ずしも販売されているわけではありません。