シガールアイスクリーム(ストロベリー)

評価★★★★★5
クチコミ1
シーガルアイスクリーム(ストロベリー)外装
シーガルアイスクリーム(ストロベリー)外装シーガルアイスクリーム(ストロベリー)開封写真シーガルアイスクリーム(ストロベリー)中身写真

シガールアイスクリーム(ストロベリー)について

葉巻のような形をしたシガールで有名なヨックモック。

もともと百貨店向けの菓子販売会社として設立されたこともあり、各地の百貨店でヨックモックのお菓子を見かけますね。ただ発祥地が東京ですので、東京土産として購入する人も多いのではないかと思います。

今回紹介するのは、シーガルアイスクリーム(ストロベリー)。
バター風味のシガールと、さわやかな後味のするストロベリーアイスの組み合わせです。

アイスが中に入っているのに、シガールのサクサク感が保たれているのが最大の特徴。
じつはシガールの内側がチョコでコーティングされているのです。

これにより生地に水分が染みこむことなく、シガールのサクサクが残るんですね。
単にアイスクリームを詰めたお菓子ではない、細部にいたるまでのこだわりを感じられますよ。

ちなみにアイスの種類はストロベリーのほかに、バニラチョコレートがあります。

ヨックモックの公式サイトによると、シガールアイスクリームは限定商品とのこと。
他のクッキーのように全国の百貨店には置いておらず、一部の場所とヨックモックオフィシャルサイトで購入できます。(2017年4月時点)

*賞味期限をヨックモックに問い合わせたところ、状態のいい冷蔵庫の冷凍保存で「約半年間」との回答をいただきました。ただ、冷蔵庫の状態もさまざまですので、必ずしも半年間持つという保証はないとのこと。やはり早めに食べるのがおすすめです。

シガールアイスクリーム(ストロベリー)を食べた感想

シガールアイスはその名のとおり、シガールにアイスが入ったお菓子で、大きさは直径約13センチ。

シガールだけでも十分美味しいのですが、その中にアイスも入っており豪華。
シガールアイス(バニラ)と同じく、アイスが入っているものの、クッキーのサクサク感が保たれていて、この食感がおいしい!

バニラ味と比べると、クッキーよりアイスのほうが前面に出ているのかなと思います。
シガールよりもストロベリーの風味を強く感じますね。

内側にコーティングされたチョコの味も加わり、後味はとてもさわやか。

いつもと違うシガールを味わいたい人におすすめのアイスクリームです。

シガールアイスクリーム(ストロベリー)が買える場所

公式サイトで販売店舗として紹介されているのは以下の場所。(2017年4月時点)

 

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名シガールアイスクリーム(ストロベリー)
内容量5個入り
製造者株式会社ヨックモック
製造者住所東京都港区南青山5-3-3
原材料砂糖水飴食塩乳化剤香料全粉乳酸味料クリーム(乳製品)加糖卵黄乾燥苺紅麹色素チョコレートコーチング苺ピューレクッキー苺濃縮果汁(原材料の一部に卵、小麦、大豆を含む)、安定剤(ゼラチン、加工澱粉、増粘多糖類)
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限記載なし
保存方法-18℃以下で保存してください
箱の大きさ横 13.0cm × 奥行き 18.2cm × 高さ 2.8cm
名産地東京都
販売場所東京駅日本橋三越本店小田急百貨店町田店小田急百貨店新宿店東武百貨店船橋店東武百貨店池袋店東急百貨店東横店
おみやげの種類アイススイーツ
価格帯2,000円以内

通販サイトでお土産を探す

※ それぞれの通販サイトのページに移動しますが、必ずしも販売されているわけではありません。