小田原 長興山 桜まんじゅう

長興山桜まんじゅう 外装
長興山桜まんじゅう 外装長興山桜まんじゅう アップ長興山桜まんじゅう アップ

小田原 長興山 桜まんじゅうについて

長興山 桜まんじゅうは、神奈川県のおみやげです。
モチーフは、樹齢340年にもなる長興山・紹太寺の垂れ桜。
「かながわの名木100選」、「小田原市指定天然記念物」にも選ばれているんですよ。

作っているのは小田原市の「和菓子 菜の花」。
こだわりの原材料には、京都から取り寄せたつくね芋を使っています。
そこに薯蕷粉を加え、こし餡を入れて、自然の力で蒸し上げているんだそう。

お饅頭の表面には、桜花の塩漬がひとつ付いています。この桜は地元小田原・前川産。
前川の桜は全国生産量の90%のシェアを誇っているんですよ。販売期間は12月から4月です。

JR小田原駅のみやげ物屋で販売していました。

小田原 長興山 桜まんじゅうを食べた感想

箱を開けると、内袋の中でさらに個包装されていました。
大きさは、2口ほどで食べられるサイズです。

はじめは、一般的な蒸し饅頭に飾りとして桜花が付いているのかなと思っていました。
そのため、まずお饅頭部分だけを食べることに。

すると、全体的にほのかな桜花の味がしました。これは、桜花ついているお饅頭ならではですね。
フィルムで包まれているうちに、風味がお饅頭にも移ったのでしょうか。

中に入っているこし餡は、とてもしっとりしていましたよ。
桜花は、塩の辛さを感じない、食べやすい味でした。

桜花を使ったお菓子はたくさんありますが、産地までこだわったものはなかなか無いですよね。
神奈川県みやげにぜひ選びたい一品です。

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名小田原 長興山 桜まんじゅう
内容量6個入り
製造者株式会社 菜の花・まんじゅう屋菜の花
製造者住所神奈川県足柄下郡箱根町湯本705
原材料小麦粉、砂糖、澱粉、加工澱粉、乳化剤、膨張剤、塩、増粘多糖類、小豆、山芋、粉末セルロース、上用粉、桜花
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限約3週間
保存方法直射日光を避け涼しい所で保存
箱の大きさ横 12.5cm × 奥行き 17.3cm × 高さ 4cm
名産地神奈川県
販売場所小田原駅
おみやげの種類生菓子
価格帯1,000円以内