チョコレート八ッ橋 「カカオ・抹茶・イチゴ」

チョコレート八ッ橋 「カカオ・抹茶・イチゴ」 外装
チョコレート八ッ橋 「カカオ・抹茶・イチゴ」 外装チョコレート八ッ橋 「カカオ・抹茶・イチゴ」 開封した写真チョコレート八ッ橋 「カカオ・抹茶・イチゴ」 中身の写真

チョコレート八ッ橋 「カカオ・抹茶・イチゴ」とは?

京都の銘菓・八ッ橋。
八ッ橋の老舗・西尾八ッ橋が手がける、八ッ橋を使ったクランチチョコレートの詰合せです。

次の3つの味が楽しめますよ。

  • カカオ
  • 抹茶
  • イチゴ

ゴツゴツとした外見のチョコレートの中には、パフがたっぷり。よく見ると八ッ橋も入っています。

ザクザクとした食感のクランチチョコレートと、八ッ橋のほのかな味わいがおいしいチョコレートです。

洋菓子のような八ッ橋は、ちいさな子供にも喜ばれそうですね。

「モンドセレクション2009 チョコレート、製菓及びビスケット部門」で銅賞を受賞しています。

1箱に3つの味が合わせて28個入っています。内訳は次の通りです。

  • カカオ:10個
  • 抹茶:9個
  • イチゴ:9個

1箱870円。
カカオ、抹茶、イチゴぞれぞれ単品でも購入できます。

チョコレート八ッ橋 「カカオ・抹茶・イチゴ」を食べた感想

カキツバタが描かれたレトロなパッケージ。

使われている文字の形や、昔のような右から左へ向かって書かれた文字は歴史を感じさせてくれますね。

色使いも華やかではありますが、彩度が抑えられた色を使っているのでとても落ち着いた印象です。

ところが箱を開けると、中にはキラキラと輝く色鮮やかなチョコレートの包装があふれんばかりに詰まっています。

シルバー、グリーン、ピンク

どれもとても鮮やかで、昭和前期から一気に現代に飛んできたような感じ。

箱からあふれ出さんばかりに詰め込まれたチョコレートは、ボリューム感があってワクワクしてきますね。

3つの味(カカオ・抹茶・イチゴ)それぞれ食べた感想を紹介します。

カカオ

一口サイズの小さなチョコレート。
その中にはパフがたくさん。

甘いチョコレートの香りが漂います。

八ッ橋なのでほんのりシナモンの香りもするんですよ。チョコレートの香りと混ざり合って食欲をそそります。

食感は少し硬めで噛み応えがあり。
ザクザクとした食感がおいしいですね。

チョコレートの甘味の中からふわっと現れるシナモンの香りがとてもおいしい!

抹茶

緑のチョコレートでコーティングされているのは「抹茶」

中にはたっぷりのパフ。
ゴツゴツしたチョコレートからは抹茶のほのかな香りが漂います。

一口食べると、最初に感じるのは抹茶チョコレートの甘味です。

甘さが口の中にぱっと広がり、その後になってから微かな苦みが口に残ります。

抹茶の苦みが苦手な方でもおいしく食べられるチョコレートですよ。

イチゴ

淡いピンク色のチョコレートからは、イチゴの爽やかな香りが。

イチゴの爽やかな香りをかぐと清々しい気持ちになりますね。少し強めのしっかりとした香りです。

ザクザクとしたパフの食感とイチゴの爽やかで甘いチョコレートの相性が抜群。

紅茶やコーヒーによく合うクランチチョコレートです。

チョコレート八ッ橋 「カカオ・抹茶・イチゴ」が買える場所

チョコレート八ッ橋 「カカオ・抹茶・イチゴ」は、本家西尾八ッ橋の各店舗オンラインショップで購入できます。

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名チョコレート八ッ橋 「カカオ・抹茶・イチゴ」
内容量28個入り
販売者本家八ッ橋西尾株式会社 NT
販売者住所京都市左京区聖護院西町7
原材料植物油脂脱脂粉乳香料カカオマスココアバター全粉乳乳糖乳化剤(大豆由来)抹茶米粉うるち米きな粉(大豆)(原材料の一部に乳を含む)イチゴパウダーシナモン、着色料(クロレラ・コチニール)
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限90日
保存方法直射日光、高温多湿を避けてください。
箱の大きさ横 13.0cm × 奥行き 18.9cm × 高さ 4.1cm
名産地京都府
販売場所関西国際空港京都駅新大阪駅ジェイアール京都伊勢丹銀閣寺清水寺
おみやげの種類チョコレート
価格帯1,000円以内

通販サイトでお土産を探す

※ それぞれの通販サイトのページに移動しますが、必ずしも販売されているわけではありません。