千鳥饅頭総本舗「千鳥饅頭」

評価★★★★★5
クチコミ3

千鳥饅頭とは?

千鳥饅頭は、1972年に福岡県飯塚市の千鳥屋で発売された焼き菓子です。

丸ボーロの中に白あんがつまっている和洋折衷の千鳥饅頭は、饅頭の一番上に押してある千鳥の焼き印がポイント。

当時炭鉱で栄えていた飯塚で、過酷な肉体労働で甘いものを必要とした炭鉱労働者達の間で大人気のお菓子でした。

現在、本家千鳥屋をルーツとする企業は全国4箇所に分かれて展開中。
千鳥饅頭は福岡を代表する銘菓として、今でも福岡県民に愛され続けています。

なお、今回紹介する千鳥饅頭は福岡市に本社を置く「株式会社千鳥饅頭総本舗」で製造・販売されています。

千鳥饅頭を食べた感想

素朴な色味と形の饅頭の上に、千鳥がちょこんとのっているのが可愛らしい千鳥饅頭。

饅頭の皮は丸ボーロでできていて、サクッとした食感を楽しめます。

北海道産の手亡豆(てぼうまめ)を使用した白あんは、しっとりとしていて甘さが強め。

でも丸ボーロの軽い食感とのバランスが絶妙なので、しつこさを感じません。

昭和初期の飯塚で、炭鉱で働く人たちに愛されたのも納得のしっかりとした味は、お茶との相性も抜群です!

年齢を問わず喜ばれる味なので、福岡の歴史を感じるお土産として選んでみてはいかがでしょうか。

1個:140円
2個入り:280円
5個入り:700円
10個入り:1,400円

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名千鳥饅頭総本舗「千鳥饅頭」
内容量1個入り2個入り5個入り10個入り
製造者株式会社 千鳥饅頭総本舗
製造者住所福岡県糟屋郡新宮町緑ケ浜1丁目2-5
原材料小麦粉砂糖水飴膨張剤蜂蜜手亡豆
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限一週間ほど
保存方法直射日光・高温多湿の場所を避けて保存して下さい
箱の大きさ横 7.5cm × 奥行き 33cm × 高さ 6cm
名産地福岡県博多
販売場所博多駅小倉駅
おみやげの種類饅頭和菓子
価格帯1,000円以内2,000円以内

通販サイトでお土産を探す

※ それぞれの通販サイトのページに移動しますが、必ずしも販売されているわけではありません。