ぶと饅頭

ぶと饅頭について

「ぶと」という珍しい名前が気になって選びました。
私は今回初めてこのお菓子を知ったのですが、調べてみると、昔から受け継がれてきたお菓子でした。

この「ぶと饅頭」は、奈良県にある萬々堂通則さんが作るお菓子です。
なんと、江戸後期に創業した歴史あるお店なんだとか。

更に、春日大社では今なおご祭礼のお供えに使われるそうですよ。

米の粉をつかってギョーザのような形にして、油であげるという製法。
公式ホームページの通信販売でもご購入できますよ。

ぶと饅頭を食べた感想

これまでに食べた油菓子の中で、生地が一番美味しかったです。
カリッとしていました。

実は、食べる前は”餡ドーナツ”のようなイメージだったんです。
生地がやわらかくて、味は美味しいのだけれど、最後に油っぽさが残ってしまうイメージでした。

こちらは食べた後にも油っぽさを感じませんでした。そして、中はこし餡でしょうか。
餡の味はあまり主張していないので、食べやすいですよ。

これが、江戸時代にできたものだなんてすごいと思いました。
歴史ある「ぶと饅頭」。奈良に行った際のおみやげにいかがでしょうか。

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名ぶと饅頭
製造者株式会社 萬々堂通則
製造者住所奈良県奈良市橋本町34
原材料砂糖鶏卵膨張剤寒天小豆植物性油脂手亡
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限約5日
保存方法高温多湿・直射日光を避ける
箱の大きさ横 10.8cm × 奥行き 25.1cm × 高さ 3.1cm
名産地奈良県
販売場所JR奈良駅京阪百貨店くずはモール店
おみやげの種類饅頭
価格帯1,000円以内

通販サイトでお土産を探す

※ それぞれの通販サイトのページに移動しますが、必ずしも販売されているわけではありません。