文旦堂のかるかん

文旦堂のかるかんとは

かるかんの歴史は古く、安政の頃の藩主・島津公の知遇を得た菓子職人が作りあげたのが始まりだそう。

しらす台地に自生する山芋と米の粉を練り上げたかるかんは「殿様菓子」と呼ばれ、古くからお茶菓子として親しまれてきました。

文旦堂のかるかんは、無農薬・無化学肥料で環境に優しい鹿児島アイガモ米生産クラブで作られた米粉を使用。
あんには丁寧に練り上げた北海道産の小豆を使い、優しい味わいに仕上げています。

また、文旦堂のホームページや封入されている紙には、かるかんが固くなってしまったときの食べ方が紹介されています。

乾燥しないように袋に入れて密封してございますが、もし固くなりましたら次のようにお試しください。
開封し取り出して、

  • 電子レンジで40秒温める
  • セイロで15分蒸す
  • トースターで焼く

バターをつけて食べても格別の味です。

バターをつけるという発想はなかったので驚きですね。

文旦堂のかるかんを食べてみて

かるかんにはあん入りとあんなしがありますが、こちらはあん入りの饅頭タイプ。
とはいえあんの比率はかなり少なめで、あくまでかるかん生地が主役です。

他のメーカーのかるかんと比べると、文旦堂のかるかんはしっとり感が強く感じられました。
万人受けする、ティータイムやおもてなしにもぴったりの上品な味わいです。

文旦堂のかるかんの種類と値段

文旦堂のかるかんは、白のみの6個入りのほかにも紫芋・さつまいもの3色セットの6個入りや、紫芋・よもぎの3色セットの12個入りもあります。
また、季節限定味もあり、秋には栗入りかるかんも売られていますよ。

文旦堂のかるかんが買える場所

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名文旦堂のかるかん
内容量6個入り
製造者(有)本家文旦堂
製造者住所鹿児島県姶良市加治木町日木山980
原材料砂糖麦芽糖水飴トレハロース米粉山芋生餡(小豆)
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限14日間
保存方法直射日光・高温多湿をお避け下さい。
箱の大きさ横 16cm × 奥行き 22.5cm × 高さ 3.7cm
名産地鹿児島県霧島
販売場所鹿児島空港鹿児島中央駅熊本駅天文館
おみやげの種類かるかん饅頭
価格帯1,000円以内

通販サイトでお土産を探す

※ それぞれの通販サイトのページに移動しますが、必ずしも販売されているわけではありません。