雅風堂 文林果

雅風堂 文林果 外装
雅風堂 文林果 外装雅風堂 文林果 開封した写真雅風堂 文林果 中身の写真

雅風堂 文林果とは?

「文林果(ぶんりんか)」
聞き慣れない言葉ですね。

実は「リンゴ」のことなんです。

日本ではおなじみの果物「リンゴ」。
日本での歴史は古く、奈良時代に中国からやってきたとされています。

今でこそ数多くのリンゴがスーパーなどに並びますが、これらのリンゴは西洋から持ちこまれた「西洋リンゴ」と呼ばれていて、奈良時代にやってきたものとは違った種類。

奈良時代にやって来たリンゴは「和リンゴ」と呼ばれていて、今ではあまり生産されていません。

奈良時代と現代のリンゴは少し違いますが、日本人にとってリンゴは身近な果物であることに変わりありません。

そんな身近なリンゴを使ったお菓子が「文林果」です。

蜜りんご(りんごジャムのようなもの)で白餡を包み込んでいます。

自然な色が素朴さを感じさせるお菓子です。りんごの爽やかな酸味と白餡の濃厚な甘味が楽しめますよ。

商品ラインナップは以下の4つです。

  • 7個入り:908円
  • 12個入り:1,566円
  • 15個入り:1,944円
  • 18個入り:2,333円

雅風堂 文林果を食べた感想

真っ赤で丸みを帯びた、柔らかで華やかなパッケージ。りんごを使ったお菓子らしいパッケージですね。

「文林果」は白餡のまわりを蜜りんごで包んだ一口サイズのお菓子です。

表面はしっとりなめらかな食感の蜜りんご。

一口目は、蜜りんごのねっとりとした食感を楽しんでみてください。
爽やかなりんごの酸味がアクセントになっていておいしいです。

「文林果」の真ん中にはたっぷりの白餡が詰まっています。

白餡だけ食べるととても甘いのですが、蜜りんごと一緒に食べると甘さは少し抑えられるので食べやすくなります。

りんごの酸味が甘味を中和してくれているのでしょう。

とはいえ、かなり甘味が強いお菓子です。
その甘さは、食べた後もしばらく口の中に残り続けるほど。

苦い日本茶はもちろん、紅茶との相性もよさそうです。

雅風堂 文林果が買える場所

文林果は、雅風堂の各店舗オンラインショップ金沢駅などでも購入できます。

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名雅風堂 文林果
内容量7個入り12個入り15個入り18個入り
製造者(株)雅風堂 G
製造者住所石川県白山市布市1丁目239
原材料蜜りんご(りんご、砂糖、ブドウ糖)、白餡(いんげん)、砂糖還元水飴もち米粉(国産)水飴漂白剤(亜硫酸塩)
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限15日(冬期20日)
保存方法高温多湿をお避け下さい。
箱の大きさ横 12.0(7個入り)cm × 奥行き 12.0(7個入り)cm × 高さ 5.0(7個入り)cm
名産地石川県金沢
販売場所小松空港金沢駅
おみやげの種類和生菓子
価格帯1,000円以内2,000円以内3,000円以内

通販サイトでお土産を探す

※ それぞれの通販サイトのページに移動しますが、必ずしも販売されているわけではありません。