紅屋本店 巻せんべい

紅屋本店 巻せんべい外装
紅屋本店 巻せんべい外装紅屋本店 巻せんべい開封後紅屋本店 巻せんべい中身

紅屋本店 巻せんべいとは

福島県福島市の北部にある、飯坂温泉街。
東北地方有数の古い温泉で、1689年に松尾芭蕉が奥の細道の途中で立ち寄った場所でもあります。

巻せんべいは、飯坂温泉の複数の店舗で作られている銘菓のひとつ。
中でも紅屋本店のものは、旅館のお茶請けにも使われる、飯坂温泉を代表するお菓子です。

白砂糖と水あめを煮詰めて作った南蛮菓子・有平糖(ありへいとう)を、甘いせんべいで巻き込んだせんべい。

昭和4年に紅屋を創業した先々代が作りはじめたもので、現在は三代目が毎日2,000本を焼き上げています。

せんべいの香ばしい生地と、舌のうえですーっと溶ける有平糖の甘さがマッチした、歯ごたえの楽しめるお菓子ですよ。

第23回全国菓子博覧会において、名誉総裁賞を受賞しています。

紅屋本店 巻せんべいを食べてみた感想

紅屋本店 巻せんべい中身

お菓子は1本ずつの個包装。

直径8cmほどのせんべいをくるっと巻いた形です。

せんべいはこんがりと焼き色がつき、ややぶ厚め。
ザクザクっとした、ややかための歯ごたえです。

味はいわゆる”卵せんべい”で、甘みのなかに卵の風味が効いています。

紅屋本店 巻せんべいアップ

ただ、おどろいたのが有平糖の部分。
何気なく噛もうとすると、まったく歯が立たない強烈な硬さでびっくりしました。

噛み切ることができないため、まわりのせんべい部分を食べてから、口の中で溶かすことに。
少し口の中にいれておくとほろほろと柔らかくなり、食べやすくなりますよ。

有平糖の食感は”氷砂糖”にそっくり。
卵せんべいとともに、子どもの頃を思い出すような、懐かしさのあるお菓子です。

紅屋本店 巻せんべいが買える場所や通販について

紅屋本店外観

  • 【住所】福島市飯坂町字古舘13-6
  • 【営業時間】8:00〜17:30
  • 【定休日】日曜日

紅屋本店は飯坂温泉街にあります。

電車の場合、JR福島駅から福島交通飯坂線に乗り換えて25分ほど。
車の場合は福島飯坂ICから15分ほどです。

ほかに道の駅安達でも取り扱いがありますよ。

通販の場合は、こだわり横丁 ふくしまやからお取り寄せが可能です。

紅屋本店 巻せんべいの値段

  • 9本入り:324円
  • 15本入り:540円
  • 20本入り:756円
スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名紅屋本店 巻せんべい
内容量9個入り15個入り20個入り
製造者紅屋本店
製造者住所福島県福島市飯坂町字古館13-6
原材料グラニュー糖小麦粉鶏卵水飴オリーブ油ブドウ糖、(原材料の一部に小麦・たまごを含む)
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限60日
保存方法直射日光を避け、冷暗所に保管してください。
箱の大きさ横 15.5cm × 奥行き 22cm × 高さ 4cm
名産地福島県福島
販売場所安達飯坂温泉街
おみやげの種類せんべい
価格帯1,000円以内

通販サイトでお土産を探す

※ それぞれの通販サイトのページに移動しますが、必ずしも販売されているわけではありません。