ガトー・ド・ボワイヤージュ 横浜馬車道ミルフイユ

横浜馬車道ミルフイユ 外装
横浜馬車道ミルフイユ 外装横浜馬車道ミルフイユ 中身横浜馬車道ミルフイユ 中身
おみやの写真について

おみやげのデータ

商品名ガトー・ド・ボワイヤージュ 横浜馬車道ミルフイユ
内容量8個入り16個入り24個入り
製造者株式会社ジャルダン・シュクレ
製造者住所神奈川県横浜市金沢区福浦2-9-8
原材料【レモン】油脂加工品(植物油脂、食用精製加工油脂、砂糖、乳糖、乳等を主要原料とする食品、その他)、小麦粉、マーガリン、砂糖、ショートニング、レモン果汁、異性化液糖、食塩、コーンスターチ、澱粉、乳化剤(大豆由来)、香料、着色料(アナトー、カロチン)、【チョコ】油脂加工品(植物油脂、食用精製加工油脂、砂糖、乳糖、乳等を使用原料とする食品、その他)、小麦粉、マーガリン、砂糖、準チョコレート(ココアパウダー、植物油脂、乳脂肪、その他)、チョコレート(カカオマス、砂糖、カカオバター)、ショートニング、食塩、コーンスターチ、乳化剤(大豆由来)、香料、着色料(アナトー、カロチン)、【フランボワーズ】油脂加工品(植物油脂、食用精製加工油脂、砂糖、乳糖、乳等を使用原料とする食品その他)、小麦粉、マーガリン、砂糖、ショートニング、フリーズドライ木苺パウダー、食塩、コーンスターチ、乳化剤(大豆由来)、香料、着色料(アナトー、カロチン)、【コーヒー】油脂加工品(植物油脂、食用精製加工油脂、砂糖、乳頭、乳等を使用原料とする食品、その他)、小麦粉、マーガリン、砂糖、ショートニング、粉末コーヒー、コーンスターチ、食塩、乳化剤(大豆由来)、香料、着色料(アナトー、カロチン)
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限45日ほど
保存方法直射日光、高温多湿をさけて常温で保存してください。
箱の大きさ横 23.5cm × 奥行き 16.5cm × 高さ 4.8cm
名産地神奈川県横浜
販売場所東京国際空港(羽田空港)新横浜駅高崎駅JR津田沼駅大丸京都店都筑阪急京急百貨店札幌三越ながの東急百貨店西武東戸塚店そごう大宮店そごう横浜店東武百貨店池袋店二子玉川東急フードショー東急百貨店日吉店avenueららぽーと横浜ラゾーナ川崎
おみやげの種類ミルフィーユ
価格帯1,000円以内2,000円以内3,000円以内

横浜馬車道ミルフイユとは

ガトー・ド・ボワイヤージュ看板商品の「横浜馬車道ミルフイユ」。

5層のパイ生地の間にクリームが挟まったミルフイユ。

4つの味があり、レモン・チョコ・フランボワーズ・コーヒーに分かれています。

ガトー・ド・ボワイヤージュのミルフイユは他にもバリエーションがあり、ミルク味とストロベリー味が入った「横浜馬車道紅白ミルフイユ」という商品がありますよ。

(参考:「横浜馬車道紅白ミルフイユ」の記事はこちら)

さらにバレンタイン限定で、パイ生地にチョコレートが練りこまれている「ショコラ・ミルフイユ」もあります。

(参考:「ショコラ・ミルフイユ」の記事はこちら)

横浜馬車道ミルフイユを食べた感想

全てのミルフイユはプラスチックトレーに入っているので、パイ生地が割れる心配がありません。

レモンは封を開けると、ほのかにレモンクリームの香りがしますね。

食べてみると、レモン果汁の酸っぱさとクリームの甘さが絶妙に混ざり合います。

爽やかな後味もあり、全体的にさっぱりとした味わいがありました。

チョコは、食べてみるとしっかりとした甘さがあります。

ミルクチョコレートに近いその甘みは、甘い物好きにはたまらない味だと思いますよ。

フランボワーズは、口にしてすぐ甘みを感じるのですが、あとから木苺の香りがやってきます。

甘酸っぱさが特徴的な大人向けのお菓子という印象ですね。

コーヒーは、開けてみると甘いミルクコーヒーの香りがします。

食べてみると、コーヒーというよりもカフェモカのようなイメージに近い味ですね。

結構甘みの強いミルフイユでした。