ベイカーズカスタード

ベイカーズカスタード 外装
ベイカーズカスタード 外装ベイカーズカスタード 開封した写真ベイカーズカスタード 中身の写真

ベイカーズカスタードとは

「東京発の新しいベイクドスイーツをお届けしたい。」という思いから生まれたベイカーズカスタード。

こだわりのカスタードをキューブ型に焼き上げた新しい焼き菓子です。

外側はプレーンとショコラ、2種類のクッキー生地からできています。

生地でカスタードを包むこむことで、味と香りを逃すことなく焼き上げたんだそう。

ほろほろ食感の生地とほのかなラム酒、優しい甘みのカスタード、あるようでなかった新しいトーキョー発のスイーツです。

そのままでも温めてもおいしく食べられますよ。

ベイカーズカスタードを食べた感想

サクサクとしっとりの間くらいの食感だと思いました。

一口目はしっかりかじらないと割れない印象でしたが、そのあとは思ったよりも崩れやすいです。

生地の中にはカスタードが入っています。

特にプレーンは生地とカスタードクリームの色が同化していて、クリームと生地の境目が判断できませんでした。

バターのコクもカスタードの香りもしっかりしているので、甘さは控えめながらひとつでも満足できるボリュームです。

ショコラ味は生地にしっかりとしたチョコレートの味を感じました。

ちょっとずつ食べるよりも、ガブッと大きな口で食べたほうがカスタードと生地のマッチングを楽しめると思います。わたしは二口でパクっと食べてしまいました。

ベイカーズカスタードが売っている場所

わたしは羽田空港第2ターミナル3階にある「フードプラザ」にて購入しましたが、期間限定ショップだったようです。

現在はポップアップショップなどで販売をしているそうです。出店は公式サイトにてご確認ください。

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名ベイカーズカスタード
内容量4個入り8個入り12個入り
販売者株式会社サザビーリーグ
販売者住所東京都渋谷区元代々木町49-13
原材料【プレーン】製菓材料(植物油脂、還元水飴、砂糖、加糖れん乳、その他)、小麦粉、砂糖、バター、卵、加糖卵黄、アーモンドパウダー、水飴、洋酒、バニラペースト、食塩、ソルビトール、炭酸カルシウム、増粘多糖類、香料、乳化剤、膨張剤、酸化防止剤(V.E)、着色料(クチナシ)、増粘剤(キサンタンガム)、【ショコラ】製菓材料(植物油脂、還元水飴、砂糖、加糖れん乳、その他)、小麦粉、砂糖、バター、卵、加糖卵黄、 ココアパウダー、アーモンドパウダー、水飴、洋酒、バニラペースト、食塩、ソルビトール、炭酸カルシウム、増粘多糖類、香料、 乳化剤、膨張剤、酸化防止剤(V.E)、着色料(クチナシ)、増粘剤(キサンタンガム)
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限1ヶ月ほど
保存方法直射日光、高温多湿を避けて、涼しい場所に保存し てください。
箱の大きさ横 16cm × 奥行き 17.6cm × 高さ 4.7cm
名産地東京都
販売場所東京国際空港(羽田空港)大丸東京店
おみやげの種類焼き菓子
価格帯2,000円以内

通販サイトでお土産を探す

※ それぞれの通販サイトのページに移動しますが、必ずしも販売されているわけではありません。