梅林堂 彩のさくさく

梅林堂 満願成就 外装
梅林堂 満願成就 外装梅林堂 満願成就 開封

梅林堂 彩のさくさくとは

梅林堂は元治元年(1864年)創業という長い歴史を持つお店。
熊谷市に本店・工場を持ち、埼玉を中心に全32店舗(2017年11月時点)を構える埼玉を代表する菓子店でもあります。

彩のさくさくは粒状のもち米を軽く揚げあられを作り、粒を結着したおせんべい。
以下の4つの味で販売されており、味によって粒の大きさまで変えているそうですよ。

  • 醤油
  • 青のり
  • 旨塩
  • 昆布

1袋2枚入り。箱入りは8、12、16、30袋入りが用意され、好みの味で詰め合わせすることもできます。
5袋入りの簡易包装もあり、こちらはプチギフトに最適ですよ。

彩のさくさくの「彩」とは埼玉県の名称である「彩の国」から付けられたネーミング。埼玉のお菓子ならではですね。

梅林堂 彩のさくさくを食べた感想

見ためが東京土産の「雷おこし」に似ているので、硬いおせんべいを想像していました。
が、その名のとおりサクサクとした歯ざわりとともに、粒がぽろっとこぼれ落ちる軽い食感です。

種類ごとにご紹介していきますね。

醤油

梅林堂 満願成就 醤油

両面にしょうゆの焼き目が付き、焼きおにぎりのような香ばしさが漂ってきますよ。定番の醤油味で万人受けしそうです。

青のり

梅林堂 満願成就 青のり

表面だけでなく、粒そのものに青のりが絡めてあります。噛むごとに磯の風味が広がり、個人的には一番好きな味ですね。

旨塩

梅林堂 満願成就 旨塩

真っ白な旨塩は味もシンプル。
口に入れる前のおせんべいそのものは、ほぼ無臭ですが噛むごとに塩味ともち米の甘みがじんわりと広がってきますよ。

昆布

梅林堂 満願成就 昆布

青のりと同じく、粒ごとに味がついています。利尻産昆布からだしをとっているそうで、ほのかに漂う和風だしがきいていますよ。

シンプルで年代を問わず食べやすいおせんべい。お茶うけから贈り物まで幅広く使えますよ。

梅林堂 彩のさくさくが購入できる場所

埼玉、群馬、新宿にある梅林堂各店舗、または、梅林堂公式オンラインショップにて購入が可能です。

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名梅林堂 彩のさくさく
内容量1個入り5個入り8個入り12個入り16個入り
製造者株式会社梅林堂
製造者住所埼玉県熊谷市佐谷田1000−1
原材料【醤油】もち米(国産)、食用植物油脂、醤油、砂糖、食塩、昆布、(原材料の一部に小麦、大豆を含む)、【青のり】もち米(国産)、食用植物油脂、食塩、砂糖、青のり、昆布、【旨塩】もち米(国産)、食用植物油脂、食塩、砂糖、昆布、鰹節、【昆布】もち米(国産)、食用植物油脂、食塩、砂糖、とろろ昆布、塩昆布、昆布、調味料(アミノ酸等)、酸味料、増粘多糖類、(原材料の一部に小麦、大豆を含む)
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限販売日より45日前後
保存方法直射日光・高温多湿を避け保存してください。
箱の大きさ横 29.2cm × 奥行き 23.6cm × 高さ 5.4cm
名産地埼玉県熊谷
販売場所熊谷駅大宮駅高島屋新宿店八木橋
おみやげの種類せんべい
価格帯1,000円以内2,000円以内3,000円以内

通販サイトでお土産を探す

※ それぞれの通販サイトのページに移動しますが、必ずしも販売されているわけではありません。