渥美半島産メロン ラングドシャが買える場所はどこか・食べてみた口コミ

渥美半島産メロン ラングドシャ外装
渥美半島産メロン ラングドシャ外装渥美半島産メロン ラングドシャ内装渥美半島産メロン ラングドシャ中身
おみやの写真について

渥美半島産メロン ラングドシャのデータ

商品名渥美半島産メロン ラングドシャ
内容量12個入り21個入り
製造者株式会社長登屋
製造者住所愛知県名古屋市西区城西一丁目5番7号
原材料準チョコレート(砂糖、植物油脂、乳糖、ココアバター、脱脂粉乳)(国内製造)、小麦粉、砂糖、マーガリン、鶏卵、ウエハース(小麦粉、コーンスターチ、植物油脂)、メロンピューレ(メロン(愛知県田原市産))/増粘剤(加工デンプン)、乳化剤、着色料、(クチナシ、カロテン、カラメル)、香料、膨張剤
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限製造日より180日
保存方法直射日光、及び高温多湿をおさけください。
箱の大きさ横 25.2cm × 奥行き 27.8cm × 高さ 3.3cm
名産地愛知県名古屋
販売場所豊橋駅伊良湖クリスタルポルト田原めっくんはうすラグーナテンボス
※ 販売場所は公式サイト・現地で直接確認していますが、販売終了している場合もあります。
おみやげの種類ラングドシャ
価格帯1,000円以内2,000円以内

渥美半島産メロン ラングドシャとは?

「渥美半島産メロン ラングドシャ」は、愛知県・渥美半島のお土産です。

渥美半島は、日本有数のメロンの名産地。渥美半島で生産されているメロンは、1本の木に1個の実しかつけないよう大切に育てられています。

こちらの「渥美半島産メロン ラングドシャ」では、渥美半島・田原市産のメロンが使用されていますよ。

「愛知の恵みを食べてみりん。」

パッケージには「愛知の恵みを食べてみりん。」の文字が!

「~みりん」とは、愛知県東部の方言(三河弁)で、「~してみなよ」という意味。

田原市出身の光浦靖子さんも、ときどきテレビでこちらの方言を使っていますよ。

渥美半島産メロン ラングドシャを食べてみた感想

口に運んでみると、メロンとホワイトチョコの甘い香りが広がります。

中にはウエハースもサンドされていて、サクサクッとした食感。
ホワイトチョコの甘さと、メロンの爽やかな味がマッチしています。

かわいらしいパッケージで個包装されているので、職場や学校で配っても喜ばれそう!

12枚入り(税込680円)と21枚入り(税込1,134円)があり、道の駅「田原めっくんはうす」や「伊良湖クリスタルポルト」、田原市の「マルカ農園」、また豊橋駅構内のお土産コーナーなどで販売されています。

カロリーと栄養成分表示について

渥美半島産メロン ラングドシャは、メロンとホワイトチョコが入った甘いお菓子なので、どれくらいカロリーがあるのかも気になりますよね。

渥美半島産メロン ラングドシャのカロリーと栄養成分表示(100gあたり)は以下の通り。

エネルギー550kcal
たんぱく質5.5g
脂質31.0g
炭水化物62.2g
食塩相当量0.3g

特定原材料等(28品目)として次の品目が指定されています。アレルギーがある人は注意してください。

特定原材料等(28品目)小麦、卵、乳成分、大豆

渥美半島産メロン ラングドシャは、100gあたり550kcal。

おやつとして食べるときは、1〜2枚ほどがちょうどよさそうです。

賞味期限や日持ちは?

渥美半島産メロン ラングドシャの賞味期限は常温で製造日から180日間。

直射日光・高温多湿を避けて保存しましょう。

渥美半島産メロン ラングドシャが買える場所

渥美半島産メロン ラングドシャは、新幹線豊橋駅ラグーナテンボス、道の駅田原めっくんはうす伊良湖クリスタルポルトで購入できます。

通販もできます

渥美半島産メロン ラングドシャは、楽天市場・Yahoo!ショッピング・Amazonなどでも販売されています。

お取り寄せして、自宅用のおやつとしても楽しめますね。