アルチザン パレドオール タブレットショコラ ハイチ72%

アルチザン パレドオール タブレットショコラ ハイチ72% 外装
アルチザン パレドオール タブレットショコラ ハイチ72% 外装アルチザン パレドオール タブレットショコラ ハイチ72% 開封アルチザン パレドオール タブレットショコラ ハイチ72% 中身

アルチザン パレドオール タブレットショコラ ハイチ72%について

「アルチザン パレドオール」は、ショコラティエ パレドオールのオーナーシェフ三枝俊介(さえぐさ しゅんすけ)氏が、2014年11月に山梨県の清里にオープンしたBean to Bar(ビーントゥバー)の工房です。

Bean to Bar(ビーントゥバー)とは、ビーン(カカオ豆)からバー(板チョコ)になるまでの全工程を、一貫して行う製法のこと。

アメリカ発祥の製法ですが、チョコレートの本場ヨーロッパにも工房が増え、日本でも近年ブームとなっていますね。

シングルオリジン(単一産地)のカカオ豆で作られるタブレットショコラは、カカオ72%、51%、40%の3種類。

私が購入した店舗(ショコラティエ パレドオール 大阪)は、ボンボンショコラがメインのお店ですが、タブレットショコラもカカオ72%のビタータイプと、カカオ51%のビターミルクタイプの2種類が販売されていました。

今回紹介するのは「タブレットショコラ ハイチ72%」。

西インド諸島のイスパニョーラ島西部に位置する、ハイチ産のカカオ豆を使用したチョコレートです。

ゴールドで印字されたパッケージには高級感があり、特別なギフトとしても喜ばれますよ。

またパッケージにはチャックが付いており、開封後も持ち運びやすく、少しずつ味わいながら食べ進めることができますね。

アルチザン パレドオール タブレットショコラ ハイチ72%を食べた感想

縦10.8cm、横7.5cm、厚さ0.7cmのタブレットショコラ(ビタータイプ)。

ひとかけら口に含み舌の上でゆっくり溶かしていくと、ほのかな苦味の中にナッツのようなコクと、バニラのような香りを感じることができます。

酸味や渋みは少なく、溶け終わるころには薬草のような余韻も。

コーヒーだけでなく、ブランデーのお供にも最適ですよ。

アルチザン パレドオール タブレットショコラ ハイチ72%の価格

  • タブレットショコラ ハイチ72% 50g入り 900円(税別)

アルチザン パレドオール タブレットショコラ ハイチ72%を購入できるお店

  • ショコラティエ パレドオール 東京
  • ショコラティエ パレドオール 銀座
  • ショコラティエ パレドオール 大阪
  • アルチザン パレドオール 清里店
  • アルチザン パレドオール 青山店
  • アルチザン パレドオール 千里中央BIS店

各店舗の詳細は公式サイトをご確認ください。

タブレットショコラ ハイチ72%は実店舗の他、公式オンラインショップでも購入可能です。

OMIYA!で紹介しているアルチザン パレドオール商品一覧

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名アルチザン パレドオール タブレットショコラ ハイチ72%
内容量100g以内
製造者株式会社 オヴァールリエゾン
製造者住所山梨県北杜市高根町清里朝日ヶ丘3545
原材料カカオ豆砂糖ココアバターバニラビーンズ乳化剤(大豆由来)
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限製造日より1年
保存方法冷暗所にて15℃以下で保存
箱の大きさ横 12cm × 奥行き 16.5cm × 高さ 0.8cm
名産地大阪府東京都山梨県銀座清里大阪豊中
販売場所松屋銀座
おみやげの種類チョコレート洋菓子
価格帯1,000円以内

通販サイトでお土産を探す

※ それぞれの通販サイトのページに移動しますが、必ずしも販売されているわけではありません。