和歌山 有田「八朔(はっさく)」

和歌山有田「八朔」 外装
和歌山有田「八朔」 外装和歌山有田「八朔」 開封写真和歌山有田「八朔」 中身写真

和歌山 有田「八朔(はっさく)」について

和歌山県は温州みかんの産地で、その生産量は全国第1位。(農林水産省「果樹生産出荷統計」平成26年産)

なかでも産地名がブランドとなっている有田(ありだ)みかんは有名です。

和歌山 有田「八朔(はっさく)」は、有田みかんの栽培を行う藤長農園が手がけるジュース。

自家農園で栽培した八朔を丸ごと絞ったストレート100%ジュースです。
原材料は八朔のみとなっており、八朔本来の味を楽しめます。

藤長(ふじちょう)農園について

和歌山県有田市にある藤長農園は、現在9代目。
温州みかん・八朔・甘夏・ブラッドオレンジを栽培しています。

▼藤長農園で栽培されている八朔

藤長農園の八朔

藤長農園の八朔 断面

ちなみに、有田みかんを使用してつくったジュース「長閑(のどか)」もあります。
平成30年度みかんジュース官能審査会で推奨品として、認定を受けていますよ。

和歌山県有田市認定のみかんジュースの一つです。

参考:有田みかん搾り「長閑(のどか)」の記事はこちら

和歌山 有田「八朔(はっさく)」を飲んでみた感想

これまで八朔100%のジュースを飲んだことがなく、大変珍しく感じます。

みかんジュースよりも薄い色をしていて、飲む前から八朔の酸味が伝わってくるかのようです。

私の中では八朔=かなり酸っぱいというイメージが強いのですが、ジュースにするとどうなんでしょうか。

味が気になります!コップに注いで飲んでみましょう。

和歌山有田「八朔」をもっているところ

口にふくむと、まず八朔の酸味とほろ苦さを感じます。
この八朔の酸味が、まさに果肉を食べているかのように感じさせてくれますね。

感じ方に差はあると思いますが、個人的には思ったよりも苦味はなく飲みやすいです!

酸味と苦味のあとには、しっかりとした甘味がやってきます。
舌ざわりがよく、スッキリ飲めるという印象を受けました。

柑橘のなかでも、とくに八朔が好きな方にはぜひ飲んでもらいたいです!
八朔100%のジュースは市販ではなかなか見かけませんので、贈ると喜んでもらえると思いますよ。

和歌山 有田「八朔(はっさく)」の内容量・値段・賞味期限

1本500mlで900円です。

和歌山 有田「八朔(はっさく)」の賞味期限・保存方法

賞味期限は製造日より1年となっています。(未開栓時)

常温で保存可能ですが、開栓後は冷蔵庫に保管して新鮮なうちに飲みましょう。

和歌山 有田「八朔(はっさく)」が買える場所

2018年6月時点では、購入できる販売店はありません。

購入したい場合は、藤長農園へ直接問い合わせてくださいね。

和歌山 有田「八朔(はっさく)」は有田みかん搾り「長閑(のどか)」とのセットで販売されています。(計2本入り)

藤長(ふじちょう)農園

  • 住所:和歌山県有田市宮原町滝45
  • 電話番号/FAX:080-6135-6490
スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名和歌山 有田「八朔(はっさく)」
内容量2個入り
製造者藤長農園 藤田長将
製造者住所和歌山県有田市宮原町滝45
原材料八朔
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限製造日より1年
保存方法常温(開封後、要冷蔵)
箱の大きさ横 6.5cm × 奥行き 6.5cm × 高さ 29.5cm
名産地和歌山県有田
価格帯1,000円以内

通販サイトでお土産を探す

※ それぞれの通販サイトのページに移動しますが、必ずしも販売されているわけではありません。