果樹園のりんごスティック

OMIYA!の写真について

おみやげのデータ

商品名果樹園のりんごスティック
内容量100g以内
製造者(株)ワイズトラストホールディングス
製造者住所青森県平川市南田中北原6-1
原材料食塩、植物油、水あめ、酸化防止剤(V.C)、りんご(青森県産)
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限約3ヶ月
保存方法直射日光・高温多湿を避けて保存してください。
箱の大きさ横 11.7cm × 奥行き 2cm × 高さ 17.7cm
名産地青森県
販売場所奥津軽いまべつ駅いまべつ
価格帯1,000円以内

果樹園のりんごスティックについて

今回ご紹介するのは、美味しそうなパッケージのりんごスティック。
りんごといえば、やっぱり青森ですよね。こちらも青森県産のりんごを使っています。

「低温真空フライ製法」を用いているそうで、その効果でカリカリの食感を味わえるのだとか。
皮ごと味わえるのもなんだかイイですね。

さつまいもや、ごぼうなどのチップスはよくありますが、りんごは少し珍しいですよね。
私自身、りんごのチップスを食べるは初めてなので、どんなお味なのかワクワクしました。
きっと、ドライフルーツともまた違う味なんだろうなと、想像しています。

商品企画は、製造元とは別の「津軽甘熟りんご研究会」が企画しているようで、
インターネットで検索すると、りんごのおみやげがたくさん出てきますよ。

果樹園のりんごスティックを食べた感想

はじめに、赤いりんごを食べました。
2~3回噛んだときは、一般的なフライしたお菓子の味でした。

しかし次の瞬間、急にりんごそのままのジューシーさが現れたのです。
心地よい、あの酸味もありました。

これは美味しいと思い、すぐに青いりんごも食べました。ジューシーさは負けず劣らず。
違いは、青いりんごは酸味はなく、甘味があったことです。
個人的には青いりんごが好みでした。

こんなにもりんご自体の味がしっかり出ているのは、やっぱりりんご本来が良いのだと思いました。
感動レベルです。

チャックがついていたら、ちょこちょこ食べやすいなぁと思いました。

青森のりんごのお味がそのまま味わえる、果樹園のりんごスティック。
おみやげにいかがでしょうか。