青柳ういろう ひとくち

評価★★★★★4
クチコミ1
青柳ういろうひとくちサイズ 外装
青柳ういろうひとくちサイズ 外装青柳ういろうひとくちサイズ 開封後青柳ういろうひとくちサイズ 中身

青柳ういろう ひとくちとは

「青柳ういろう ひとくち」は、明治12年創業の名古屋の和菓子店「青柳総本家」が作るういろう。

ういろうといえば長くて大きい棹タイプが定番ですが、青柳総本家は昭和61年にこの「ひとくち」タイプを発売しました。

切り分けることなく、どこでも気軽に食べられるのが魅力です。

青柳総本家のういろうは、うるち米の米粉を主原料とし、もっちりとした優しい食感と上品な甘さにこだわっています。

賞味期限は製造日から20日ほどですが、早めにいただく方がより柔らかい食感が楽しめますよ。

長い時間冷蔵庫に入れると固くなるので、保存は常温で。
夏場に冷やして食べる場合は、1時間ほど冷蔵庫に入れるのがおすすめです。

ひとくちサイズのういろうは「しろ・くろ・抹茶・上がり(こしあん)・さくら」の5種類があり、いろいろな組み合わせの箱が販売されています。

今回購入したのは「抹茶・しろ・さくら」の3色が3つずつ入った9個入りの詰め合わせ。価格は972円(税込)でした。

青柳ういろう ひとくちの価格とカロリー

  • 価格:5個袋入り 486円、5個箱入り 540円、8個入り 1,296円、10個入り 1,080円、15個入り  1,620円 ほか
  • カロリー:100gあたり176kcal、1個(50g)あたり88kcal

青柳ういろう ひとくちを食べてみた感想

個包装のパックに開け口が付いていて、クルンと簡単に開けることができます。大きいういろうと違って、ハサミも包丁も要らないのがうれしいですね。

3つの味の特徴をまとめてみました。

しろ

青柳ういろうひとくちサイズ しろ

いちばんシンプルな味わいで、お米本来の風味や優しい甘さを感じられます。

抹茶

青柳ういろうひとくちサイズ 抹茶

抹茶の爽やかな香りと苦み・渋みが甘さを引き締めてくれ、飽きのこない味。

さくら

青柳ういろうひとくちサイズ さくら

ピンク色が華やか、ほんのりさくらが香ります。香りは強すぎず食べやすい。

**********

どれもモチモチぷるぷるで歯切れのよい、絶妙な食感。

甘さがとても上品で、お茶うけはもちろん、そのままおやつ感覚でもいただけますよ。

私はういろうが大好きなのですが、棹タイプだとなかなかおいしいうちに食べきれないので、ひとくちサイズは重宝しています。

個包装なので、バラで配るおみやげとしても使えますね。

青柳ういろう ひとくちを購入できる場所

青柳総本家の各店舗や、オンラインショップで購入できます。(店舗について詳しくは公式ページをご覧ください。)

また、愛知県内の駅売店やおみやげショップ、SA・PA、道の駅などでも販売しています。

今回購入した9個入りは、伊勢湾岸自動車道・刈谷PAで見つけました。

9個入りはオンラインショップには扱いがなく、サービスエリア・パーキングエリアを中心に販売されているようです。

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名青柳ういろう ひとくち
内容量5個入り8個入り9個入り10個入り15個入り20個入り30個入り
製造者(株)青柳総本家
製造者住所愛知県名古屋市守山区瀬古一丁目919
原材料【しろ】砂糖、米粉、小麦澱粉、ソルビトール、加工澱粉、グリシン、pH調整剤、【抹茶】砂糖、米粉、抹茶、加工澱粉(小麦由来)、ソルビトール、グリシン、リン酸塩(Na)、pH調整剤、【さくら】砂糖、米粉、小麦澱粉、ソルビトール、加工澱粉、グリシン、カルミン酸色素、香料、リン酸塩(Na)、pH調整剤
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限製造日より20日
保存方法直射日光を避け常温で保存
箱の大きさ横 13cm × 奥行き 18.6cm × 高さ 3.2cm
名産地愛知県名古屋
販売場所中部国際空港岐阜羽島駅三河安城駅名古屋駅豊橋駅金山駅恵那峡SA御在所SA浜名湖SA亀山PA上郷SA刈谷PA牧之原SA岡崎SA大山田PA静岡SA多賀SA土山SA湾岸長島PA養老SAいが丸栄松坂屋名古屋店名鉄百貨店本店星ヶ丘三越名古屋栄三越ジェイアール名古屋タカシマヤ刈谷ハイウェイオアシス
おみやげの種類ういろう
価格帯1,000円以内2,000円以内3,000円以内4,000円以内

通販サイトでお土産を探す

※ それぞれの通販サイトのページに移動しますが、必ずしも販売されているわけではありません。