青森涼菓 冷や。林檎(青森りんご×あおもりカシス)

青森涼菓 冷や。林檎(青森りんご×あおもりカシス)外装青森涼菓 冷や。林檎(青森りんご×あおもりカシス)外装
青森涼菓 冷や。林檎(青森りんご×あおもりカシス)外装青森涼菓 冷や。林檎(青森りんご×あおもりカシス)外装青森涼菓 冷や。林檎(青森りんご×あおもりカシス)開封後青森涼菓 冷や。林檎(青森りんご×あおもりカシス)中身

青森涼菓 冷や。林檎(青森りんご×あおもりカシス)とは

「青森涼菓 冷や。林檎」は、青森県青森市のはとや製菓が販売するお菓子。

はとや製菓は、県産りんごのお菓子やフリーズドライ商品を多く作っており、りんごをフリーズドライした「ソフトりんご」を開発しました。

青森涼菓 冷や。林檎(青森りんご×あおもりカシス)には、ソフトりんごに青森産カシスのピューレをたっぷりと含ませています。

姉妹品として青森涼菓 冷や。林檎(青森りんご×ふかうら雪人参)もありますよ。

凍らせて食べるのがおすすめ

そのままでも、冷やしても食べられますが、このお菓子の魅力を最大限に引き出すのが「凍らせる」こと。

シャーベット状になったフリーズドライりんごのシャキシャキ食感は、ほかにはない独特の味わいです。

りんご×カシスという青森の特産品を、素材そのままに味わえる、夏にぴったりのお菓子ですよ。

青森涼菓 冷や。林檎(青森りんご×あおもりカシス)を食べてみた感想

青森涼菓 冷や。林檎(青森りんご×あおもりカシス)中身

お菓子は1枚20gで、1枚ずつ真空パックになっています。
汁気があるため、開封時は注意してくださいね。

りんごをそのままカットした見た目と、カシスそのものの色合いがポイントです。

しゃりっという歯ごたえ、あとから広がるジューシーなカシスの果汁感…
りんごを食べたときというより、”煮りんご”を食べたときの感覚によく似ています。

りんごとカシスの時が混ざるためか、どこかワインのような芳醇な香りも感じました。

凍らせて食べてみた

青森涼菓 冷や。林檎(青森りんご×あおもりカシス)凍らせたところ

つぎに、おすすめ通り凍らせて食べてみます。

ひと晩冷凍庫に入れておくと、パキンパキンに固まりましたよ。

青森涼菓 冷や。林檎(青森りんご×あおもりカシス)アップ

汁気もなくなり、手でつかめるほどに。

実際に食べてみると、まさに味わいはシャーベット!
甘味・酸味ともに抑えられ、さわやかな香りのほうを強く感じますね。

サクサクと歯ごたえがよく、ごく自然な素材の味わいだけが口のなかに残ります。
さっぱりしていて、わたしは断然凍らせたときのほうが好きですね。

そのままで・冷やして・凍らせてと、さまざまな食べ方を試してみるのもおすすめです。

賞味期限

冷や。林檎(青森りんご×あおもりカシス)の賞味期限は、常温で60日間。

開封前なら冷凍庫に入れておいてもいいでしょう。

カロリー

青森涼菓 冷や。林檎(青森りんご×あおもりカシス)成分表示

冷や。林檎(青森りんご×あおもりカシス)のカロリーは、1枚あたり26kcal。

市販のお菓子と比べるとかなりヘルシーですよね。

「1日1個のりんごは医者いらず」といわれるほど、りんごは栄養価の高い果物なので、子どものおやつにしてもよさそうです。

青森涼菓 冷や。林檎(青森りんご×あおもりカシス)の値段

冷や。林檎(青森りんご×あおもりカシス)は、バラで1枚から購入できるほか、紙袋入りの3枚セットもあります。

値段は以下のとおり。

  • 1枚:194円
  • 1袋3枚入り:648円

このほか、冷や。林檎(青森りんご×ふかうら雪人参)との詰め合わせもあります。

青森涼菓 冷や。林檎(青森りんご×あおもりカシス)が買える場所や通販について

はとや製菓の直営店(新青森駅 旬味館店)や弘前駅、道の駅いかりがせきなどで購入できます。

通販の場合、はとや製菓のオンラインショップからお取り寄せできますよ。

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名青森涼菓 冷や。林檎(青森りんご×あおもりカシス)
内容量3個入り
製造者株式会社はとや製菓
製造者住所青森県青森市大字幸畑字谷脇69-1
原材料りんご(青森県産)、カシス(青森市産)、オリゴ糖食塩
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限60日間
保存方法高温多湿・直射日光を避け、常温で保存してください。
箱の大きさ横 14.5cm × 奥行き 19cm × 高さ 2cm
名産地青森県青森
販売場所新青森駅JR弘前駅いかりがせき
おみやげの種類フルーツ
価格帯1,000円以内

通販サイトでお土産を探す

※ それぞれの通販サイトのページに移動しますが、必ずしも販売されているわけではありません。