青花わらび餅

青花わらび餅 外装
青花わらび餅 外装青花わらび餅 開封した写真青花わらび餅 中身の写真

青花わらび餅とは?

滋賀県・草津の市花「青花(あおばな)」を使った夏限定のわらび餅です。

青花とは、6月下旬から8月下旬にかけてコバルトブルーの花を咲かせる植物。

草津では古く江戸時代から栽培されていて、花の絞り汁を100回ほど美濃和紙に塗って乾かした「青花紙」が、草津の特産品として京や大阪に運ばれていました。

今でも高級な友禅染めの下絵に使われているんですよ。また、青花は薬として使われてきた歴史もあります。

最近の研究では、あおばなに含まれる様々な成分が健康維持に役立つことが分かってきました。
(※大阪薬科大学 薬学部の研究グループによる。2016年4月「Journal of FunctionaI Foods」に掲載)

今回ご紹介する「青花わらび餅」は、わらび餅の中に青花粉末を加えたものです。

そのわらび餅の中にはたっぷりのこし餡が包み込まれています。

滑らかなわらび餅の舌触りと、ほどけるようなこし餡が楽しめる個性的なわらび餅です。

冷蔵庫で冷やしてから食べるのがオススメ。

青花わらび餅の入り数

入り数は以下の通りです。店頭では好きな個数を詰めてもらうこともできます。

  • 1個:260円
  • 8個:2,300円
  • 12個:3,360円

青花わらび餅を食べた感想

1つ1つが小さなカゴに入っている可愛らしい「青花わらび餅」。

わらび餅を包んでいる包装紙も、青花に見立てた青と黄色です。とてもこだわりを感じる見た目ですね。

包み紙を開けてわらび餅を取り出します。
中から出てきたのは緑色のわらび餅。
わらび餅には青花の粉末を練りこんであるので、このような色になるのです。

顔を近づけて香りを確かめると、青花独特の香りが漂います。

わらび餅はぷるんぷるん。
ほどよい弾力があり、口の中をつるんと滑り落ちていくのがとても快感です。

わらび餅の中にはとても柔らかなこし餡が入っています。口に入れた瞬間にすっと溶けてなくなってしまうくらい。

「青花わらび餅」は青花独特の風味が楽しめる、ちょっとひと味違う珍しいわらび餅です。

青花わらび餅が買える場所

青花わらび餅はうばがもちやの各店舗で購入できます。

店舗名うばがもちや本店
住所滋賀県草津市大路二丁目13番19号
営業時間9:00〜19:00(平日)
8:00〜20:00(土日祝)
定休日なし
スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名青花わらび餅
内容量1個入り8個入り12個入り
製造者(株)南洋軒(※製造者としての記載はなし)
製造者住所記載なし
原材料砂糖小豆水飴わらび粉青花粉末寒天トレハロース増粘多糖類
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限約9日
保存方法高温多湿直射日光は避けて下さい
箱の大きさ横 12.1(4個入り)cm × 奥行き 12.3(4個入り)cm × 高さ 4.7(4個入り)cm
名産地滋賀県草津
おみやげの種類わらび餅
価格帯1,000円以内3,000円以内4,000円以内

通販サイトでお土産を探す

※ それぞれの通販サイトのページに移動しますが、必ずしも販売されているわけではありません。