あおばなサンドクッキーレモンクリーム

あおばなサンドクッキー(レモンクリーム) 外装
あおばなサンドクッキー(レモンクリーム) 外装あおばなサンドクッキー(レモンクリーム) 開封した写真あおばなサンドクッキー(レモンクリーム) 中身の写真

あおばなサンドクッキー(レモンクリーム)とは?

滋賀県・草津市の市花「あおばな」を使ったクッキーです。

東海道「草津宿」で古くから「うばがもち」を作り続けている「うばがもちや」が手がけています。

カリッと焼き上げたラングドシャで、青花粉末入りレモンクリームをサンドしたお菓子です。

爽やかなレモンクリームとカリッと焼き上げられたラングドシャは、夏にはピッタリ。

1本の箱に8枚のクッキーが入っています。
商品ラインナップは以下の4つです。

  • 1本(8枚入り):550円
  • 2本:1,250円
  • 3本:1,825円
  • 4本:2,400円

夏季限定の商品で4月〜9月まで販売されています。同じシリーズに「あおばなサンドクッキー」があるのですが、こちらは通年商品です。

あおばあについて

「あおばな」について少しご紹介しましょう。

「あおばな」とは6月下旬から8月下旬にかけてコバルトブルーの花を咲かせる植物です。

青い花が特徴の植物といえばツユクサが有名ですよね。梅雨の時期に咲く青い花を見たことがあるのではないでしょうか。

あのツユクサの変種が「あおばな」なんです。

草津では古く江戸時代から栽培されていて、花の絞り汁を100回ほど美濃和紙に塗って乾かした「青花紙」が、草津の特産品として京や大阪に運ばれていました。

今でも高級な友禅染めの下絵に使われているんですよ。

また薬として使わた歴史があり、風邪の予防、神経痛やリュウマチなどにも用いられたんだそう。

さらに最近の研究では、あおばなに含まれる様々な成分が健康維持に役立つことが分かってきました。
(※大阪薬科大学 薬学部の研究グループによる。2016年4月「Journal of FunctionaI Foods」に掲載)

現在ではうばがもちやだけでなく、様々な企業が「あおばな」を使った商品を開発していますよ。

あおばなサンドクッキー(レモンクリーム)を食べた感想

袋を開けるとレモンの香りが溢れ出て、爽やかな気持ちに。夏らしい清々しい香りは食欲をそそりますね。

小判型のラングドシャは香ばしい焼き色がついていて、見るからにおいしそう。

クッキーの真ん中にはアクセントとして米パフがのっています。

「あおばなサンドクッキー(レモンクリーム)」はとても軽い触感で、一口食べるとレモンの爽やかな香りが口の中を吹き抜けていきます。

その後にじわっとあふれる甘さ。
レモンの効果でしょうか、それほど強い甘さは感じずにさわやかですっきりとした甘さです。

サクサクのクッキーとレモンのすっきりとした、爽やかなクリームは絶妙です。
クリームは本当に少ししか入っていないので、くどさを全く感じさせません。

ただ、肝心のあおばなを食べている感覚は全くありませんでした。
少しクリームの色が青みがかっていることくらいでしょうか。

少し気温が上がってくる時期、すっきりとした甘さの「あおばなサンドクッキー(レモンクリーム)」はピッタリですね。

あおばなサンドクッキー(レモンクリーム)が買える場所

あおばなサンドクッキー(レモンクリーム)は、うばがもちやの各店舗で購入できます。

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名あおばなサンドクッキーレモンクリーム
内容量8個入り16個入り24個入り32個入り
販売者(株)南洋軒・うばがもちやAO
販売者住所滋賀県草津追分1丁目1番33号
原材料小麦粉砂糖卵白植物油脂食用精製加工油脂ショートニングバター、あおばな粉末、乳糖脱脂粉乳バターオイル食塩乳化剤膨張剤酸化防止剤(ビタミンE)レモン果汁香料着色料(βカロチン)(原材料の一部に小麦、卵、乳、大豆を含む)
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限約3ヶ月
保存方法直射日光をさけ、冷暗所に保存
箱の大きさ横 7.6(8個入り)cm × 奥行き 24.2(8個入り)cm × 高さ 4.7(8個入り)cm
名産地滋賀県草津
おみやげの種類クッキー
価格帯1,000円以内2,000円以内3,000円以内

通販サイトでお土産を探す

※ それぞれの通販サイトのページに移動しますが、必ずしも販売されているわけではありません。